腹式呼吸ダイエットで守るべき大事な3つの要素をご紹介!

腹式呼吸ダイエットで守るべき大事な3つの要素をご紹介!

UPDATE:2019.10.10
エクササイズダイエット

もう3ヶ月もすれば夏がやってきます、夏と言えば海!海と言えば水着!!

これから水着を買う方もいると思いますが、体形が恥ずかしくて着れない等、悔しい思いをした方はいませんか?

もう3ヶ月しかないでは無く、まだ、3ヶ月もあります。

効率的なダイエットをすれば十分間に合います!

今回は腹式呼吸ダイエットのご紹介をします。

みなさんも、ご一緒にお手軽にダイエットをしてみませんか?

腹式呼吸ダイエットってなに?

腹式呼吸ダイエットってなに?

腹式呼吸とは、女性アナウンサーや声優さん、歌手などが行う、声をよく出すために行う発声法で、胸部をなるべく動かさないで、お腹で息を吸って吐くことです。

それを週一回行うことで効率的に痩せるダイエット方法です。

運動をすることはなく、ただ呼吸を意識するだけでできる、ダイエットなのでとてもお手軽です。

でも、腹式呼吸で痩せれるの?

でも、腹式呼吸で痩せれるの?

運動をすることで痩せるのは誰でも知っていますよね?

それは有酸素運動によってエネルギーを消費し、脂肪を燃焼させることからなのですが、運動をすると呼吸をたくさんすると思います。

実は、この呼吸にも脂肪の燃焼を促進させる効果をもっていて、脂肪を燃焼させるには酸素がたくさん必要で呼吸をしています。

古い酸素を体内から追い出し、新鮮な酸素を体内に取り入れる必要があります。

その部分に着目すると、空気をいっぱい吸って吐けば、それだけ脂肪の燃焼につながるということになりますね。

但し呼吸も、ただやっているだけで良い訳では無く、胸をあまり動かさず、腹式呼吸で行うことが重要だと思います。

又、腹式呼吸ダイエットは深呼吸をするので、リラックス効果もあります。

そもそも、ダイエットにストレスはつきものなので、リラックスしてダイエットができるのは、ストレスなくできることも強みだと思います。

別のことでストレスを抱えている人にも、ダイエットのついでに実践して見ると良いと思います。

腹式呼吸でどこの部位が痩せられるの?

腹式呼吸ですが、胸部をなるべく使わず、おなかを動かして行う呼吸なので、主におなか回りに効果を発揮します。

ポッコリした下腹や三段腹で悩んでいる女性にとっては、非常に魅力的なダイエット法だと思います。

又、お腹周りに効果的なダイエットは、余計な脂肪を落とし、筋肉をつけることによって、女性特有の悩みにも効果的です。

お腹周りに筋肉のない方は、内臓を支えることができずに、骨盤に落ち込んで、内臓が圧迫されてしまいます。

その結果、便秘になってしまったり、血流やリンパの流れを阻害してしまい、腰痛や冷え性、生理痛の症状がでてきます。

お腹周りに筋肉をつければ、内臓を支えてくれるのでそういった症状を改善してくれます。

腹式呼吸ダイエットは、いっぱい空気を吸って脂肪の燃焼を促進させているので、全体的に痩せることも可能だと思います。

そして、他のダイエット法と併用すれば、痩せたい箇所のダイエット法の効果を促進させるのにも役立つと思います。

しかも腹式呼吸ダイエットは、筋肉を落とさずにキレイなのを保ったまま、痩せられるそうです。

又、酸素を多く酸うことによって新陳代謝もよくなるのでお肌の荒れも改善されたりします。

筋肉はプロポーションを維持するうえで、とても重要だと思います。

筋肉を落とさずに、呼吸法のみで痩せられるなら、ぜひ実践してみるべきではないでしょうか。

腹式呼吸ダイエットのやり方は?

腹式呼吸ダイエットのやり方は?

慣れれば特に意識する必要はありませんが、腹式呼吸をするコツをご紹介します。

それでは、腹式呼吸のコツを教えていきましょう。

必要な動作として、鼻から大きく息を吸い、口から吐きます事です。

息を吐くときは、口を少しすぼめて息を遠くまで飛ばすような気持ちで、お腹の底から吐き出すイメージで吐き出すといいと思います。

意識は常に、胸を動かさ無いように、お腹に集中して下さい。

10秒間息を吐き続けて、5秒間息を吸い続けます。

吐くことと吸うことの両方を意識してしまうと、体に力が入ってしまい、うまく腹式呼吸できなくなってしまうので、どちらかと言えば、吐く方に集中するといいと思います。

息を吐ききったと思ったところから、さらにお腹に力を入れて、息を絞りだすようにします。

その後、鼻から自然に大きく息を吸って繰り返します。

その後、運動に繋げる場合は、体がリラックスしたのを感じてからすると効果的です。

腹式呼吸のみで終わらせる場合は、これを週に2回程度で、1回あたり15分ほど続けると効果があると言われております。

尚、腹式呼吸ダイエットは空腹時に行うと最も効果が出ると言われています。

腹式呼吸ダイエットに効果的なエクササイズがあります!

腹式呼吸ダイエットに効果的なエクササイズがあります

腹式ダイエットはお腹周りが痩せれると記載しましたが、実はポーズをとることで更に効果を大きくすることができるようです。

又、お腹周りだけではなく、ほかの箇所にも効果があるポーズもありますのでご紹介します。

■腹部&ウエスト回りに効果的なエクササイズ

脚を肩幅に開いて立ち、両手を前にまっすぐだして、腰を折りながら、息を吐き続けます。

5秒ぐらいかけて腰が折れたところで、両腕を徐々に上げていき、腕を上げられるまで上げます。

その姿勢のまま、下腹部をぎゅっとしめて、息を吐ききったら、2秒ぐらいかけて、ゆっくりと姿勢を戻します。

これを1日に6回ぐらいを目安に、週に1~2セット、ゆっくり行います。

コツとしては常に下腹部に意識を向けるといいでしょう。

■二の腕に効果的なエクササイズ
脚を肩幅に開いて立ち、脇をぎゅっと締めたままひじを曲げ、手を顔の前に持ってきます。

顔は正面を向いたまま上半身を軽く前に倒します。

4秒ぐらいかけて、息を吐きながらひじを正面に伸ばし、伸びきったら、腕を頭の先に延ばすように、頭の後方まで持ち上げます。

2秒ぐらいかけて頭の後方までもっていきながら息を吐ききります。

その時は腕を遠くへ引っ張るようなイメージで行うといいでしょう。

吐ききったら2秒ぐらいかけて、息を吸いながら元のポーズに戻ります。

これを1日に6回ぐらいを目安に、週に1~2セット、ゆっくり行います。

コツとしては常に二の腕を意識して行うといいと思います。

■太ももに効果のあるエクササイズ

こちらは壁を正面にして行います。

片方の手を壁に腰あたりの高さに添えて立ちます。

4秒くらいかけてで息を吐きながら、ひざを伸ばしたまま片方の足を後ろにゆっくりと、できる限り持ち上げます。

太ももが震えてきたら、2秒ほど動きを止めて、息を吐ききります。

2秒くらいかけて、ゆっくりと息を吸いながら足を元に戻します。

これを1日に左右共に6回ぐらいを目安に、週に1~2セット、ゆっくり行います。
コツとしては常に太ももを意識して行うといいと思います。

以上が効果的なポーズになります。

息を吸って吐くだけの動作は非常に楽ですが、こちらは少々辛いところもあります。

しかし、辛い思いをしてこそ、ダイエットしている実感も感じられますし、痩せた時には自分に自信が持てるのではないでしょうか。

ダイエットで食べてはいけないものは?

ダイエットで食べてはいけないものは?

全てのダイエットに言えることですが、まずダイエット中は暴飲暴食は控えましょう。

そして、食べるのを控えたほうがいい食べ物は主に炭水化物です。

ご飯やパン、麺類などは控えめにして、その他の食べ物では、おなか八分目までは食べても問題はないと思います。

逆になるべく摂取したほうがいいと言われている食べ物は、タンパク質だと言われています。

タンパク質として優れているのは魚や肉なので、多めに摂取して、その消化を助けるために野菜や海藻類を食べると、効率的にエネルギーを得られます。

ですので、タンパク質は積極的に取ったほうがいいと思います。

カロリー摂取は厳禁という方もいますが、運動の際には、エネルギーは必要です。

体を動かすダイエットは新陳代謝があがり、脂肪を燃焼しやすくなっております。

エネルギーの消費も激しくなっていますので、食べ過ぎないように、注意して摂取したほうが、より効率的に痩せられると思います。

又、痩せるために、食べないのはもっと厳禁です。

体に必要な栄養素も枯渇していますので食べないと、肌荒れや、プロポーションが崩れてしまうこともあります。

ぜひとも、バランスよく食事して健康を維持するのに必要な栄養素を摂取したほうがいいと思います。

ちなみに、ファーストフードやインスタント食品またお菓子などは、そもそも食べ過ぎると健康によくないので控えたほうがいいと思います。

ダイエットの一番の近道は継続力

ダイエットの一番の近道は継続力

腹式呼吸ダイエットは呼吸法によるダイエットなので、非常に簡単にできるダイエットです。
継続するのも非常に楽ですし、健康法でもありますので、日々の健康の為にも、ぜひとも継続する事をオススメします。

また、ダイエットで大事なのは、意識して痩せたい箇所のダイエットを考える事も重要です。

これは、ダイエットの専門家もよく言っていることですが、痩せたい箇所を意識してダイエットすることによって、その箇所の動きが活発になり、効率が良くなると言われています。

腹式呼吸ダイエットは、それだけでも効果がありますが、ほかのダイエットも併用して行うとより効果的だと思います。

腹式呼吸ダイエットのまとめ

腹式呼吸ダイエットのまとめ

今回は、腹式呼吸ダイエットについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

簡単にできるダイエットなので、ぜひとも試してみてください。

但し、このダイエットの効果には、個人差があると思います。

3か月で15kg痩せた方もいれば、2か月で2kgしか痩せない方もいます。

様々なダイエット法が存在しますが、ダイエットを初めてから効果が出るのは、それぞれの体質によって個人差があり、決して同じにはなりません。

痩せないからと言って辞めずに、続ければ結果は必ず本人に返ってきます。

腹式呼吸ダイエットで守るべきことは「あきらめないこと」「正しく行うこと」「食べ過ぎない事」の3つだと思います。

腹式呼吸は非常に簡単なダイエット方法なので、自宅でテレビを見ながら、少し空いた時間を有効活用する事で、夏に向けて引き締まった身体を作れると思います。

ぜひ、あと3ヶ月挑戦して見ましょう。