食後の珈琲で痩せよう!クロロゲン酸3つのダイエット効果を紹介

食後の珈琲で痩せよう!クロロゲン酸3つのダイエット効果を紹介

UPDATE:2019.12.05
ダイエットマメ知識

クロロゲン酸という成分の名前を聞いた事がある人は少ないカロリーもしれませんが、非常に高いダイエット効果がある事で知られている、今最も注目されている成分の一つです。サプリなどから摂取する事も可能ですが、クロロゲン酸とは別名「コーヒーポリフェノール」とも呼ばれているもので、読んで字の如くコーヒーに多く含まれている栄養成分です。

コーヒー豆に多く含まれているクロロゲン酸さんは非常に高いダイエット効果を含む栄養成分として注目を集めていて、相対的にコーヒーはダイエットに効果的な飲み物であるという事が分かります。

コチラの記事ではクロロゲン酸のダイエット効果の解説と、クロロゲン酸を大量に含むコーヒーをどのようにダイエットと活用すると効果的なのかをご紹介していきたいと思います。

クロロゲン酸のダイエット&健康効果を紹介!

コーヒーに多く含まれているクロロゲン酸は高いダイエット効果があるとされています。サプリで摂取するよりもコーヒーで摂取する事がオススメされています。つまりコーヒーはダイエットにとても効果的な飲み物なのです。毎朝欠かさずコーヒーを飲んでいる方などもいらっしゃるでしょう、定期的に毎日飲んでいる方は知らない間にダイエット効果を得られるクロロゲン酸を摂取していた事になります。

コーヒーは夜眠たくなくなる覚醒効果がある事は有名ですが、それだけでなく多くのダイエット効果がある事でも知られています。ここからはコーヒーに含まれているクロロゲン酸によるダイエット効果を紹介していきたいと思います。

1.脂肪代謝を活発化!太りにくい体にしてくれる働きがある

1.脂肪代謝を活発化!太りにくい体にしてくれる働きがある

クロロゲン酸最大の特徴は脂肪燃焼効果の促進です。この働きがダイエットにとても効果的であるとして、コーヒーがダイエットに最適な飲み物として注目を集めている理由になっています。クロロゲン酸はポリフェノールの一種です。もともと、ポリフェノールとは植物が作り出す抗酸化物質であり、コーヒーに含まれるポリフェノールの量は、コーヒーに含まれるカフェインの量よりも多いのが特徴です。

コーヒーの生豆にはクロロゲン酸が多く含まれており、クロロゲン酸はコーヒーの褐色や苦み、そのほか香りのもとになっている成分です。コーヒーに含まれるポリフェノールの量はコーヒー1杯(約140cc)に対し約280mgとなっており、お茶の約2倍の量です。クロロゲン酸を摂取すると肝臓での脂質の代謝が活発になるため、結果的に体内のエネルギー消費が増え、脂肪が燃えやすい体になるのです。

またクロロゲン酸だけでなくポリフェノールにも高い脂肪燃焼効果があるとされています。つまりコーヒーにはクロロゲン酸とポリフェノールという、2つの脂肪燃焼を促進してくれる栄養素を含んでいる飲み物で、非常にダイエットに効果的であるというのが理解できるかと思います。

2.活性酸素で体内の細胞を守ってくれる

2.活性酸素で体内の細胞を守ってくれる

クロロゲン酸を体内に多く摂取していると体内の細胞を老化から守ってくれる働きがあるとされています。体内の細胞が酸化してくることで体は衰えていき、老化が始まります。クロロゲン酸には渇せ酸素によるダメージから体内の細胞を守ってくれる働きがありますので、老化を防ぐ効果が期待できます。

老化による肌トラブル、細胞劣化、病気への耐性など、加齢と共に衰えていく細胞レベルの老化を防ぐ働くがありますので、コーヒーを定期的に摂取している人はいつまでも若々しい肌を保つことができ、健康的な体をキープする事ができるのです。

3.コレステロール値を抑制してくれる働き

3.コレステロール値を抑制してくれる働き

クロロゲン酸は善玉コレステロールの機能を高めて不要なコレステロールを肝臓に戻してくれる働きがあります。また脂肪代謝を促進する働きにより、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがありますので、加齢と共に増えていく血中コレステロールの量を少なくしてくれる働きが期待できるのも特徴です。

慢性的な脂肪蓄積の原因であるコレステルールを燃焼してくれる働きは非常に効果的なもので、肥満対策になりますので、加齢と共に燃焼しにくくなってきた脂肪を燃焼したいと考えている人には特にオススメです。内臓脂肪は一度蓄積してしまうと中々燃焼できませんが、これらの脂肪も効果的に燃焼してくれる働きをしてくれるのです。

クロロゲン酸の副作用やアレルギーについて

コーヒーに含まれていて脂肪燃焼に大きな効果を発揮するクロロゲン酸ですが、ダイエット効果が高いからと言ってコーヒーを大量に飲むのはNGです。大量に摂取するとミネラルの吸収を妨げると言われています。さらにコーヒーは飲みすぎるとカフェインの過剰摂取を引き起こして副作用が多いとされています。

カフェインは眠気を覚ましてくれますが、大量に摂取すると、不眠や精神不安定になると言われているので、そういう心配がある方はあまりコーヒーを飲みすぎないようにしましょう。アレルギーも同様にクロロゲン酸ではなく、カフェインの方にあると言われています。
コーヒーの過剰摂取による副作用が心配だという方はコーヒーからクロロゲン酸を摂取するのではなく、サプリから摂取する事をオススメします。

最もオススメなのはコーヒーから摂取する方法ですが、コーヒーの独特な風味は好き嫌いが別れますし、適量をきちんと把握しておかないと過剰摂取による副作用もありますので、そういう心配がないようにサプリで摂取するという方もいらっしゃいますし、サプリからでもきちんとダイエット効果を得る事はできますのでご安心下さい。

クロロゲン酸を大量に含むコーヒーをダイエットに効率的に使う方法

脂肪燃焼に多くの効果を発揮するクロロゲン酸が沢山含まれているコーヒー。もちろんクロロゲン酸はサプリからでも摂取できますが、最も効果的に摂取できるのはコーヒーです。コーヒーはどこでも飲む事ができますし、好きで毎日飲んでいるという方も多いでしょうから、継続が簡単だという特徴があります。

ここからはクロロゲン酸をサプリではなくコーヒーから摂取する場合の、効率的で効果的なダイエット方法をご紹介していきます。コーヒーは効率的に脂肪を燃焼させる為のダイエット飲料としてとても優秀なのです。

1.運動+コーヒーの組み合わせが減量に一番最適!

1.運動+コーヒーの組み合わせが減量に一番最適!

コーヒーに含まれているクロロゲン酸を最も効果的に活用できる方法は運動と組み合わせる事です。運動と言っても脂肪燃焼効果の高い有酸素運動がメインの運動の事です。ジムなどで筋トレを行っている人は、筋トレでは脂肪を効果的に燃焼する事はできませんので注意して下さい。脂肪を燃焼してダイエットをしたいのであれば有酸素運動が最も効率的かつ最適です。

運動+コーヒーで効果をあげる為には、コーヒーを飲んでから1時間~2時間後に運動をするのが良いでしょう。クロロゲン酸が最も効果を発揮するピークは2時間後で、およそ4時間後に体外へ排出されていきますので、2時間~4時間の間で運動をするのが最も効率的であると言えます。

有酸素運動によって燃焼される脂肪がクロロゲン酸により更に多く燃焼されていきますので、普段行っている有酸素運動の効果を格段に向上させてくれることができます。短い時間で効率的に運動を行いたいと考えている人、短い時間でも成果を出したいと考えている人は、運動前にコーヒーを飲む習慣をつけておくと良いでしょう。脂肪燃焼促進効果を拡大させてくれます。

2.ブラックホットコーヒーを飲むのが最も効果的

2.ブラックホットコーヒーを飲むのが最も効果的

カフェオレなど牛乳が入ったものではなくブラックコーヒーがクロロゲン酸を摂取するという観点から見ると最も効果的です。さらにアイスよりもホットの方が、体内を活性化させてくれる働きがありますので、ホットのブラックコーヒーで飲むのがダイエットには最適であると言えるでしょう。

カフェオレが駄目な理由は、クロロゲン酸はタンパク質と結合しやすい性質を持っているので、牛乳に含まれたガゼインというタンパク質と結合して、吸収が落ちる場合もあります。クロロゲン酸の脂肪燃焼効果を期待してコーヒーダイエットは始めるわけですから、そのクロロゲン酸の脂肪燃焼の効果を落としてしまうものをわざわざ混ぜる必要はありません。ダイエット中は我慢しましょう。

3.運動をしない日でも食後に飲むだけで効果あり

3.運動をしない日でも食後に飲むだけで効果あり

上で運動前にコーヒーを飲む事で脂肪燃焼促進効果を上手に活用できると説明しましたが、それでは運動しない日は飲まなくてもいいのかと言われるとそうではありません。運動をしない日でも摂取するのが効果的です。普段の食事が終わった後にコーヒーを毎日飲むだけで、本来であれば脂肪に蓄積するはずだった脂肪が燃焼されていく効果を期待できます。

つまり食後の1杯はダイエットにもとても効果的だったのです。運動をしない日の食後の1杯も必ずブラックコーヒーにするようにしましょう。しかし皆さんご存知のように、コーヒーには覚醒効果がありますので、眠る前に飲んでしまうと目が覚めて中々寝付けなくなってしまいます。眠る直前に飲まないように注意しながら、コーヒーを食後に飲むのを習慣のようにしてしまうのが良いでしょう。

まとめ

クロロゲン酸のダイエット効果は非常に高く、さらに多く含まれている飲み物がコーヒーであるという点から、元々コーヒーが好きだという方に特に重宝されているダイエット方法の一つです。コーヒーが苦手な人はサプリから摂取する事も可能ですし、コーヒーが好きな人はそのまま飲み続けて効果を持続させましょう。良くコーヒーが好きな人は細い人が多いなんていわれますが、それはもしかしたらクロロゲン酸の脂肪燃焼効果促進の影響かもしれません。

ちなみに注意点としては、コーヒーは空腹時は飲まないようにしましょう。胃酸の分泌が促進されて胃の負担が大きくなってしまう場合があります。ベストは食後運動前の1杯です。食後の1杯を欠かさないことも大切です。皆さんもコーヒーを飲み、体脂肪燃焼に効果的なクロロゲン酸を沢山摂取し、綺麗でしなやかなボディを目指しましょう!