ダイエット中に摂りたいオススメ漢方薬5選!ラク痩せで代謝向上

ダイエット中に摂りたいオススメ漢方薬5選!ラク痩せで代謝向上

UPDATE:2019.11.27
ダイエット

食事制限しても駄目、運動しても駄目、ジムに行っても駄目…何をしてもなかなか痩せる事ができないという悩みを抱えている方は男女通じてとても多いと思います。どれだけ努力しても痩せなくて困っているという人にオススメしたいのが「漢方を飲む事」です。

漢方は長く飲み続ける事で多くのダイエット効果を発揮してくれるといわれていて、特に余分な脂肪燃焼効果や、頑固な便秘など、様々な自分自身の体調不良に効果を発揮してくれるもので、最近ではクラシエ・ツムラ・小林製薬など様々な大手製薬メーカーからも市販で購入できる漢方が発売されていて、ダイエットに効果があるとして注目を集めています。

ここからはダイエットで使用する事をオススメしたいヤセ効果の高い漢方と、漢方をダイエットに使う時に気をつけたい点や注意すべき点を紹介していきたいと思います。

漢方とは一体何なのか?選び方のコツを紹介

そもそも漢方とは一体何でどのようにダイエットに効果があるのかという事を知らない方は多いのではないでしょうか。ダイエットに漢方を使っている方は意外に多いのですが、ただ自宅で飲むだけですから周囲の人が使っていても気がつきませんし、どのような効果を発揮しているのかは少しずつ効いてくるものなので口コミでもあまり話題にならないのが現状です。

しかし漢方が高いダイエット効果を発揮するというのは周知の事実で、とても大きな効果をもたらしてくれるのは確実です。漢方の事を全く知らない方の為に、漢方の説明と、ダイエット中の漢方を選ぶ時のポイントを紹介していきます。

漢方とは中国から伝わってきた伝統医学

漢方の歴史はとても長く、6世紀頃に古来中国から日本に広まってきた伝統医学です。当時日本では中国医学をそのまま受け入れていましたが、次第に診断法や漢方薬の選び方などをもっとわかりやすく、日本人の体や気候に合わせて日本流に改良することが行われ独自の発展をとげてきました。「漢方」という言葉が定着したのは、江戸時代後期のあたり。長崎から入ってきたオランダ系医学、「蘭方」に対する呼び方として使われるようになったと言われています。明治以降は、西洋医学に対して、中国医学を土台にした伝統的な日本の医学を「漢方」と呼んでいます。

「漢方」と「漢方薬」が一緒になってしまう事がありますが、実は全くの別物です。「漢方」とは鍼灸や食養生も含めた医学を意味しており、「漢方薬」は、漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品のことです。「漢方」と「漢方薬」が混同されて用いられてしまう場合もありますので、区別しておきましょう。漢方の基本は、“人間の体も自然の一部”という考え方です。“病気ではなく病人をみる”、という考えで、体の一部分だけにスポットをあてるのではなく、体全体の状態のバランスを総合的に見直すといった特徴があります。また、体質や生活習慣などから見直し、整えていきます。

漢方薬をえらぶ時のポイントを解説

漢方薬をえらぶ時のポイントを解説

漢方薬の最大の特徴は、それぞれの体質によって効果に大きな違いがあるという点です。つまり漢方薬による効果を向上させたいのであれば、「自分が何故痩せないのか」「自分の体質」をきちんと知っておく必要があるという訳です。

タイプ分けに関しては漢方薬を販売しているメーカーごとに独自の基準で設定しているので、自分が思っている体質と違う場合もあります。自分のタイプを確実に判断するのは難しい現状ですが、きちんとメーカーさんに「この漢方薬はこういう悩みを抱えている人にオススメです」と紹介してくれますので、きちんとお店の人とコミュニケーションをとってから購入するのが良いでしょう。

またメーカーさんの公式サイトには診断プログラムのようなものもありますので、自分がどのタイプでどの漢方薬を購入したらいいのかを迷った場合は参考にしてみましょう。

漢方ダイエットの正しい方法を解説

漢方ダイエットの正しい方法を解説

漢方には「気:気力や元気など人間活動の源となるもの」「血:臓器に栄養を与える血液」「水:体に潤いを与える血液以外の体液」という考え方があります。この3つの要素のバランスが整うことで健康体を維持できるというもの。このバランスが崩れ不調を引き起こした身体を漢方薬を使って回復させていくのです。

漢方の考えで肥満は、「気・血・水」のバランスが崩れ太りやすい体質になってしまった状態。その体質を根本から変えるための効果が期待できるとされているのです。うまく利用することで、リバウンドのないダイエットが可能になるといえるでしょう。

つまり『漢方薬を飲んだら痩せる』という考え方ではなく、『漢方薬を飲んで痩せやすい健康的な身体を作る』と考える方が良いでしょう。漢方薬を飲んでも日常生活で不規則な生活を送っていては意味がありませんので、その点は注意が必要です。

ダイエットにオススメの漢方薬を紹介!

自分のタイプをきちんと理解する事で自分に最も適した漢方薬を見つける事で効果を発揮します。例えば「お腹周りの脂肪が気になる」という方や「便秘が解消」されないという方、肥満の原因はそれぞれ違いますので、自分に合った漢方薬を見つけてダイエットに活用していきましょう。

ここからは得にダイエットにオススメの漢方薬を紹介していきたいと思います。肥満で悩んでいる方は是非試してみる事をオススメします。

1.ナイシトールZ(小林製薬)

ナイシトールZ(小林製薬)

小林製薬から発売されているナイシトールZ。ダイエットにオススメの漢方薬として高い人気を誇っています。トウキ・シャクヤクなど、小林製薬厳選の18種類の生薬から作りだれた「防風通聖散」の働きにより、お腹の脂肪はもちろん、便秘がちでスムーズなお通じが来ない方にも最適です。体の中の余分な熱を冷まし水分の巡りをよくしてくれるため、余計な老廃物を体外に排出し、健康を整えてくれる効果が期待できます。

特にオススメの方は、健康診断などでメタボだと指摘された中高年の男性の方や、年を重ねてなかなか痩せる事ができなくなってきた中高年の女性の方、ビールっ腹で悩んでいる方などに特にオススメです。

◆メーカー:小林製薬
◆種類:防風通聖散
◆体質:生活習慣などによる肥満症や、高血圧や肥満に伴うむくみ・便秘にお悩みの方
◆商品タイプ:錠剤

2.和漢箋 新・ロート防風通聖散錠満量(ロート製薬)

和漢箋 新・ロート防風通聖散錠満量(ロート製薬)

徹底的に脂肪を燃焼したいという方にオススメなのがコチラの漢方薬です。防風通聖散の働きで、脂質代謝を活性化しダイエットをしっかりサポートしてくれるので、生活習慣の乱れによる肥満にお悩みの人におすすめです。@コスメでも人気で、リピーターも多数。ウエスト周りが気になりだした女性から高い評価を得ています。

慢性的な便秘にも効果があると言われていますが、効果が強すぎるせいで下痢を起こしたり吐き気を感じる人もいるようなので、最初は少しずつ試してみるのが良いかもしれません。

◆メーカー:ロート製薬
◆種類:防風通聖散
◆体質:体力が充実しており腹部に皮下脂肪が多い方
◆商品タイプ:錠剤

3.防已黄耆湯エキス顆粒(ツムラ)

防已黄耆湯エキス顆粒(ツムラ)

ドラッグストアなどでよく見かけるシリーズなので見た事がある人も多いのではないでしょうか。この「防已黄耆湯」は、体力が弱く汗をかきやすい人や水太りの人におすすめの漢方薬になります。また、肥満による膝関節などへの痛みにも効果的です。

むくみやすく疲労が蓄積しやすい方、肥満による膝の痛みが気になる方に特にオススメの漢方薬となっています。

◆メーカー:ツムラ
◆種類:防已黄耆湯
◆体質:疲れやすく、汗のかきやすい傾向のある人
◆商品タイプ:顆粒

4.コッコアポEX錠(クラシエ薬品)

コッコアポEX錠(クラシエ薬品)

ダイエットの為に食事制限が大切と分かっているけど食べるのを抑える事ができないという人にオススメの漢方薬です。漢方から見た「胃熱」という体質の方に最適です。「胃熱」とは、胃や体の中に熱がたまりやすい体質のことをいい、「防風通聖散」は、この熱を取り除く働きがあります。

胃熱は食欲旺盛で過食や暴飲暴食を引き起こしやすい体質ともいわれているため、とにかく食べ過ぎてしまう人や脂っこいものを好んで食べてしまう方に効果的です。

◆メーカー:クラシエ
◆種類:防風通聖散
◆体質:お腹周りが気になる人
◆商品タイプ:錠剤

5.防風通聖散料エキス顆粒(クラシエ薬品)

防風通聖散料エキス顆粒(クラシエ薬品)

便秘が原因で太ってしまった方や便秘が原因でお腹周りの脂肪が蓄積してしまった方にオススメの漢方薬です。ダイエット中の便秘はお腹周りの脂肪が蓄積する原因だけでなく、お腹の中に悪い菌がいて排出できない事から、肌荒れの原因にもなります。コチラの漢方薬には高血圧やニキビなどの吹き出物にも効果がありますので、便秘が原因で引き起こる美容トラブルにも効果を発揮してくれます。

ただ、逆に普段からお通じがしっかりある人にとっては下痢を引き起こしてしまう可能性もあるのでその点には注意するようにしてください。便秘が改善されてお通じが通常に戻った場合は、コチラの漢方薬も飲むのをおさえるようにした方が良いかもしれません。それ位高い効果を発揮してくれる漢方薬となっています。

◆メーカー:クラシエ
◆種類:防風通聖散
◆体質:便秘がちで、腹部に皮下脂肪が多い方
◆商品タイプ:顆粒

まとめ

食事制限・ジム・運動など全てのダイエットで失敗してしまったという方は最後の挑戦として漢方を取り入れてみて下さい。非常に高い効果を発揮しますので、自分のタイプをきちんと話し、的確な漢方を処方してもらうのが一番の近道です。身体の調子を整える事を一番に考えているので、漢方の力で体調を改善し、便秘などを解消したら、その後は自分自身の生活習慣の改善などで継続していくようにしましょう。

定期的に継続して漢方はのみ続ける事で高い効果を発揮してくれます。特に1番2番で紹介した脂肪燃焼効果を向上してくれる漢方薬は、筋トレや有酸素運動も一緒に取り組むことで更なる効果を発揮してくれますので、漢方と共に継続的な適度な運動もとりいれてみましょう。