酵素ダイエットは効果ナシ!3つの痩せない理由を解説

酵素ダイエットは効果ナシ!3つの痩せない理由を解説

UPDATE:2019.12.18
ダイエットマメ知識

世の中には本当に沢山のダイエット方法がありますよね。ダイエットは女性の永遠のテーマとも言われています。いくつになっても美しいプロポーションで居たい、女性ならそんな風に思うのも当たり前ですよね。しかし、ダイエット方法は本当に沢山あります。中でも特定の食材だけをずっと食べ続けるダイエットは本当に多く、テレビやインターネット、SNSや雑誌でも何度も話題になっているのを見かけます。しかしそれで本当に痩せることが出来るのでしょうか?一つ話題になれば一つ消え、また一つ話題になり…とこれではイタチごっこですよね。そんな中で画期的にも聞こえる「酵素ダイエット」に挑戦したことのある人もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、実は酵素ダイエットには痩せる効果はないということが言われているんです。

酵素はダイエット業界でもかなりブームになり、酵素ドリンクや酵素サプリを利用してダイエットをしようと話題になりましたよね。新聞の折込チラシでも酵素サプリが宣伝されていたり、通販サイトでも酵素サプリはランキング上位となり人気です。そんな酵素サプリがダイエットに効果がないなんて、一体どういうことなのでしょうか?

・酵素って何?
・どうして酵素ダイエットが流行したの?
・酵素ダイエットは効果なし!その理由3つ

と、酵素ダイエットの効果について気になることをこれからご紹介させていただきたいと思います。酵素ダイエットはいかにも痩せそうなメカニズムがあったり、多くのモデルや女優など芸能人が宣伝しているとどうしても気になってしまいますよね。でも、ダイエット効果がないものの続けていても痩せることは出来ません。今すでに酵素ダイエットを行っているという人も、これから酵素ダイエットを行おうとしてその効果が気になっているという人もぜひこれからご紹介する内容をまずは参考にしてみていただきたいと思います。それではご紹介していきます。

そもそも酵素ってどんなもの?

そもそも酵素ってどんなもの?

まず、気になるのがそもそも酵素がどんなものなのか、ということではないでしょうか?なんとなく体にいい、ダイエットに良さそうということは知っていても酵素がどんなものなのか、詳しく知らないという人も少なくないと思います。そのためこれからは酵素についてまずご紹介させていただきたいと思います。

酵素はタンパク質の一種で、わたしたちの体の色々なところで起こる化学反応の仲立ち(食物の消化や物質の合成など)をしてくれています。これらの化学反応を起こすためには通常、とても大きな活性化エネルギーが必要になりますが、その活性化エネルギーの必要数を低くして、スムーズに化学反応が起こるようにしてくれるのが酵素なんです。

食事として摂取したものが消化酵素によって分解されたり、体の中に蓄えられているブドウ糖がエネルギー物質に変換されるのも酵素のおかげなんです。わたしたちの体の中でスムーズに化学反応を行わせるためにも酵素は無くてはならない存在て、とても大切なものです。

その他、活性酸素を除去する効果、怪我や病気などの回復を助ける効果、体の中の老廃物を体の外に排出し新陳代謝を促す効果、体を作る効果、呼吸や血圧の調整司るなど、本当に様々な働きをしてくれています。

酵素ダイエットが流行した理由って?

酵素ダイエットが流行した理由って?

そんなわたしたちの体に欠かせない酵素。そんな酵素を利用したダイエットがなぜ痩せると言われているのでしょうか?酵素ダイエットでは痩せるメカニズムについてこんな風に説明しています。(メーカーによっても異なっていますが、大体はこのような感じです)

まずは「潜在酵素」の存在。人間が使うことの出来る「潜在酵素」の量は限られているということ。そして体の中にる酵素は加齢と共に減少していくということ。具体的に言うと20代をピークに徐々に減っていき、40代に入るとどっと激減するということ。そして加齢によって体の中の酵素の量が減ってしまうと代謝が悪くなってしまうということ。代謝が悪くなることで今までのように脂肪を燃焼させることが出来ず太ってしまったり、肌トラブルが出たり免疫力を引き起こしてしまうということ。

そして、このような問題を解決するためには体の外から酵素を摂取する必要がある、だから酵素がダイエットに効果的だ、というわけです。酵素は熱に弱く、熱を加えると効果がなくなってしまいます。だから酵素を摂取するには酵素サプリや生の果物や野菜で補う。…と、これが酵素ダイエットで痩せるという仕組みになっています。そして酵素サプリなら生の野菜や果物を食べなくても100種類以上の食物酵素を手軽に補えるため、酵素サプリをおすすめしているという訳です。

さらに酵素サプリだけではなく酵素ドリンクというものもあります。酵素ドリンクで効果的にダイエット効果を得るための方法としては断食を組み合わせたダイエット方法がおすすめされており、これはファスティングダイエットと言って一定期間酵素ドリンクのみを摂取するという内容です。酵素ドリンク以外のものを全て絶つことにとって消化で失われてしまうはずの潜在酵素を温存し、更に体に溜まった毒素も排出することができると言われています。

たしかにこう聞くとしっかりとした理論に基づいた方法のようで、本当に酵素でダイエットができそうな気がしてきますよね。しかも酵素はわたしたちの体にとって欠かせないもの。それをサプリやドリンクを飲むだけで摂取出来て、更に痩せられるともなれば流行するのもわかりますよね。しかし、実は酵素でダイエットは出来ないのです。

酵素ダイエットでは痩せられない理由3つ

酵素はわたしたちの体にとって欠かせないものということ、そして酵素ダイエットがなぜ話題になったか、一体どのようなメカニズムで酵素ダイエットで痩せることができると言われているかについてご紹介させていただきました。

そしてこれからはいよいよ酵素ダイエットでは痩せることができない、その理由についてご紹介させていただきたいと思います。酵素ダイエットのためには生野菜や果物を食べるのもそうですが、より効率的に酵素ダイエットを行うためには酵素サプリや酵素ドリンクが必要だとも言われています。しかし、酵素ダイエットはある程度の期間は続けていかないと効果が出ないと言われているダイエット方法。長期間続けるということは長期間酵素サプリやドリンクを購入し続けないといけないということになり、どうしてもコストがかかります。そんなコストをかけても痩せない…そんなの悲しすぎますよね。ダイエットは効果があってこそ!それではこれから酵素ダイエットで痩せる事ができない理由をご紹介していきます。

酵素ダイエットは効果がない理由その1「酵素は摂取しても分解されてしまう」

酵素ダイエットは効果がない理由その1「酵素は摂取しても分解されてしまう」

上でもご紹介させていただいた通り、酵素はタンパク質です。つまりは食べ物として摂取しても胃や小腸で消化されてしまうのです。消化されるとアミノ酸やペプチドに分解されてしまうため、活性は失われてしまい期待しているような効果を得ることができなくなってしまうんです。食べ物として口から摂取した酵素や胃腸でアミノ酸やペプチドに分解されてしまうことなく、体に作用するという可能性はとても低いです。折角酵素を必死になって摂取したとしても分解されて効果を発揮してくれないのでは全く意味がありませんよね。

酵素ダイエットは効果がない理由その2「酵素が作用するのは特定の環境のみ」

酵素ダイエットは効果がない理由その2「酵素が作用するのは特定の環境のみ」

酵素はいつでもどこでも活性化してくれる訳ではありません。酵素が活性化するのにふさわしいphや、温度があるのです。またさらに、特定の物質だけ化学反応を早めるという基質特異性という特性も持っています。

なんとかして酵素をアミノ酸やペプチドに分解させてしまうことなく活性が失われないまま体の中に取り込むことが出来たとしても、体の中の様々なところで活躍している酵素を食物酵素で代用することは不可能なのです。

消化酵素「ペプシン」について言えば、これはどこでも活性化するわけでなく、胃酸(強酸性)の中という環境に置かれて初めて活性化するのです。そのため、食物酵素が腸液や胃液の代わりをするということはないのです。

酵素ダイエットは効果がない理由その3「酵素は人間の体の中で作れる」

酵素ダイエットは効果がない理由その3「酵素は人間の体の中で作れる」

アメリカのエドワード・ハウエルさんが提唱した「酵素栄養学」が酵素ダイエットのもととなった理論です。しかし、上でもお話した「潜在酵素」についてですが、人間が一生の間に作れる酵素の量が決まっているわけはなく、また更に「潜在酵素」という物資が発見されたこともないのです。

人間が生きるために酵素は必要不可欠です。でも、だからこそ必要な時には必要な分だけ体の中で合成して作り出すことが出来るようになっているのです。

また、酵素は加熱すれば効果がなくなってしまうため生の食べ物から摂取する必要があると言われていますが、生の食べ物というのはそもそも消化に悪いです。生の肉と焼いた肉、どちらの方が消化に良いかといったら、それはもちろん焼いた肉です。生肉では消化どころか、その前にお腹を壊してしまうことになりますよね。

これは野菜や果物でも同じで、加熱した方が生のまま食べるよりも消化が良くなり、胃腸へ余計な負担をかけることもなくなるのです。酵素のために無理して生食をして、痩せないだけじゃなく体を壊すことになってしまったら最悪ですよね。人間の祖先が他の動物よりも脳が大きくなり、知能が発達していったことにも火を使い加熱することで消化吸収がよくなったことは大きく関わっていると言われています。

まとめ

酵素ダイエットは本当に効果がないということがよくおわかり頂けたのではないでしょうか?

・摂取しても酵素は分解されてしまう
・酵素は特定の場所でしか活性化しない
・そもそも酵素は人間の体の中で合成することが出来る

以上が今回の酵素ダイエットは痩せないという内容についてのおさらいです!それでもどうしても酵素ダイエットをやってみたい!という人は一度試してみるといいかもしれませんが、ファスティングを伴うダイエットはリバウンドをしてしまうことも多いためくれぐれも気をつけて行うようにしてくださいね。