今話題のプチ絶食ダイエット!5つの正しいやり方と効果を解説

今話題のプチ絶食ダイエット!5つの正しいやり方と効果を解説

UPDATE:2019.11.11
ダイエット

辛くて過酷な絶食ではなく、内臓を休ませてリフレッシュする事でダイエット効果や美容にも影響を与える事で知られている「プチ絶食」が今流行しているのはご存知でしょうか。人の内臓は常に活動しているのでとても疲れています。美容や健康面で考えても、少しの期間内臓を休ませてあげるというのはとても大切な事で、休ませることで大きな効果を発揮します。

プチ絶食とは読んで字の如く、全く何も食べないという期間を作るものですから、きちんとした期間ややり方を把握しておかないと、ダイエットとしての効果も薄くなりますし、何より体調面で不安が残ってしまいます。何も調査せずにいきなり何も食べない生活を始めるのではなく、きちんとした知識を持った状態でプチ絶食を開始しましょう。

コチラの記事ではプチ絶食の効果や確実なやり方などを紹介していきます。一度体内をリフレッシュしたいと考えている方、何となく疲れが取れなくて内臓が疲れてしまっているなと感じている方は、絶食で体内をリフレッシュしてみましょう。

プチ絶食ダイエットの正しい方法

絶食を始める前に皆さんにまず伝えて起きたいことがあります。「絶食=ダイエットではない」という事です。もちろん何も食べませんので急激に体重は下がりますが、絶食の本来の目的はダイエットではありません。絶食は『人間の身体の機能を取り戻すこと』を目的としています。胃腸は大体8時間程で体内のものを消化しますが、毎日8時間より短いスパンで何かを食べている場合、胃腸は全く休んでいないという事になります。不眠不休で働いている胃腸を休ませることで身体の機能を本来のものに取り戻すという効果があるのが絶食なのです。

もちろんダイエット効果もありますが、それよりもどちらかというと健康志向であるという事をご理解下さい。しかし身体が健康体になり体内がリフレッシュされるという事は、相対的にダイエット効果も向上するという事になりますので、当然ながら痩せ効果は格段に上がりますのでご安心下さい。

それでは早速プチ絶食ダイエットの確実な正しいやり方を一つずつ解説していきながら説明していきます。

◆プチ絶食を始める前の準備

プチ絶食を始める前の準備

いきなり明日からプチ絶食を始めよう!ではいけません。きちんと1日~2日前くらいから予備絶食を行っていく準備期間が必要です。この準備期間がなぜ必要なのかというと、スポーツで言うなら準備体操です。いきなり食べる量を減らしていくと胃が驚いてしまいますので、少しずつ時間をかけて食べる量を減らしていく期間を必ず作る必要があります。

フルーツや野菜をメインにして高カロリーのものを極力摂取しないようにします。炭水化物も禁止です。小麦・カフェイン・スイーツは1~2週間前くらいから控えた方が更にプチ絶食の効果をあげてくれます。消化にいいものをできるだけ食べるようにして、いつもの8割程度の量を食べるようにして下さい。

プチ絶食を開始する前の晩御飯はいうもの夕食の量の半分程度にして、眠る3時間前は何も口にしないのがポイントです。翌日のデトックス効果を高めるとう意味で水分を多く摂取してから眠るのが良いでしょう。もちろんプチ絶食を開始する前の晩御飯も今まで通り、消化が早く低カロリーのものを中心に食事をするようにして下さい。「最後だから好きなものを好きなだけ食べよう!」と考えるのは絶対NGです。野菜中心でフルーツを食べるのが良いでしょう。

◆プチ絶食中に口にしても良いもの

プチ絶食中に口にしても良いもの

実はプチ絶食中は水以外は全部ダメ!という人もいれば、野菜ジュースはOKという人もいたりと、個人でルールを決めて行うのが一般的です。しかし共通して守らなければいけないのは「水分を多く摂取する」という事です。絶食期間中は常に水分を補給するようにして、体内に多くの水分を摂取しましょう。デトックス効果を高める働きもありますし、体内から綺麗な身体を作るのに水分補給は欠かせません。どうしても我慢できない空腹を感じた時は塩を1舐めするのがオススメです。

ちなみに断食の期間ですが、準備期間も含めて3日がいいとされています。つまり準備期間で食事の量を極端に減らす日を2日、全く何も食べない日を1日です。慣れてきたら2日3日と期間を延ばす人も多いのですが、いきなり長い時間をやるのは相当きついと思いますので、まずは1日から始めてみましょう。最初のプチ絶食は1日でも相当長く、時間が過ぎるのが遅いと感じる人がほとんどのようです。

◆プチ絶食が終わったら回復食を胃の中にいれる

プチ絶食が終わったら回復食を胃の中にいれる

プチ絶食が終わった後にすぐ普通の食事をしてはダメです。終わった後はクールダウンが必要ですから、回復食を食べる必要があります。断食をすることによって、臓器は休んでいる状態です。そこから徐々に慣れさせるため、最低2~3日間かけて消化に良いものを食べることが必要になります。回復食に適した食品を表す、「まごわやさしい」という言葉があります。

ま:豆類、納豆、豆腐
ご:ごま、ナッツ
わ:わかめ、もずく、めかぶ、海藻
や:野菜
さ:良質な魚
し:しいたけ、きのこ類
い:芋、穀物

以上の食品がプチ絶食の後の胃袋を少しずつ慣れさせていくのに最適だと言われているメニューです。これらも一気に食べるのではなく2日~3日かけてゆっくりと少しずつ量を増やしていくのがポイントです。お腹が空いてるからといって一気に油っこいものを大量に食べてしまったりすると効果が薄くなってしまいますので、絶対に少しずつ胃腸を回復させていくという事を意識するようにしましょう。

初めての人にオススメしたいのが16時間の簡単プチ絶食!

初めての人にオススメしたいのが16時間の簡単プチ絶食!

上で紹介した一般的なプチ絶食は全ての人にオススメの方法ですが、それでも前段階からいれると3日か4日ほど普通の食事は摂れない事になりますし、丸1日は全く何も食べる事ができない為、初心者の方はかなり辛いです。空腹を耐えられない可能性も非常に高いです。そんな「絶食はしてみたいけど我慢できる気がしない…」と思っている人にオススメなのが、16時間の簡単プチ絶食です。

どういうものかというと、1日24時間のうち8時間以内に全ての食事を終わらせて、後の16時間を水分だけで過ごすというものです。私たちの体内では食べ物を消化させる「消化酵素」と新陳代謝を促す「代謝酵素」が作られています。これらの酵素は胃の中に食物が入っている時間帯が長いと消化酵素が優先的に生成され、代謝酵素の分泌量が減少してしまう特徴があるそう。つまり、一般的なライフスタイルのように「朝7時に朝食」→「昼12時に昼食」」→「夜19時に夕食」といったスケジュールで時間をかけながら3食食べていると、胃の中に常に食物が入っているため、代謝酵素が十分に足りず太りやすい体質になってしまうのです。

◆16時間プチ絶食の簡単な方法

8時間以内であれば好きなものを食べてOKですが、極端に暴飲暴食をしてしまうと摂取カロリーが多くなり逆に太る可能性があるので適量を心がけます。その日の予定によって食事時間を上手く合わせるようにしてください。とにかく8時間以内に全ての食事を完了し、その後の16時間を何も食べなければ食事時間はいつでも構いません。

下記の8種類の食材から2種類選んで食べるというルールがあります。そうすることで自然とバランスが整った食事ができると言われています。

・卵、脂質が少ない肉類
・乳製品
・ナッツ類
・豆類
・ベリー(いちご・ブルーベリーなど)
・明るい色の果物(オレンジ・りんごなど)
・穀物(玄米など)
・緑色の葉野菜

◆16時間プチ絶食中の飲み物

16時間の間は水やお茶などノンカロリーのものであればいつのタイミングで口にしてもOKです。むしろしっかり摂らなければ水分不足となり、体調不良を引き起こす危険性がありますのでこまめに飲むようにしましょう。ただし、コーラやジュース・野菜ジュースなどカロリーのあるものは控えるようにしてください。コーヒーはミルクや砂糖を入れなければ飲んでも構いません。

ちなみにどうしても空腹で我慢できない時のみ塩を舐めてもいいとされていますが、基本的には我慢しましょう。お腹がグーグーなって大変なときは水をガブ飲みすると空腹感を紛らわせることができますのでオススメです。どうしても困ったら水を大量に飲みましょう。

プチ絶食をするとどんな効果があるの?

プチ絶食をするとどんな効果があるの?

上でも軽く触れましたが、プチ絶食は確かに何も食べ物をいれない為痩せます。急激に体重は落ちますが、目的はダイエットというよりは健康です。プチ絶食を定期的に行う事で得られるといわれている効果は以下の通りです。

◆美肌効果
◆便秘改善効果
◆ダイエット効果
◆習慣改善

プチ絶食の本質はダイエットではありませんが、食事改善やカロリー制限などはダイエットに繋がりますので、減量にはとても効果があります。リバウンドを防ぐ副作用などが高いとされていますので、健康的に痩せたいと考えている方はプチ絶食はかなりオススメです。

美肌効果について説明すると、絶食をする事で腸内の老廃物や毒素などを排出する事ができますので、腸内がすっきりして血行がよくなり、胃や腸の活動も安定していきますので免疫力がついてきて、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを解消し、美肌を保つことができるようになっていくのです。

また、一度プチ絶食を行うと生活習慣を大幅に改善する事ができます。今まで以上にカロリーや栄養素が気になってきたり、暴飲暴食を抑制するような精神状態になっていきます。一度体内を綺麗にすると、今まで以上に身体の事を考えるようになり、食事の大切さを実感する事もできますので、そういった精神面で見ても絶食はダイエットに適しているといえるかもしれません。

まとめ

プチ絶食は今話題になっていますが、きちんとした方法を知らないと体調不良の原因になりかねませんし、何も食べないので危険な状態に陥る可能性もありますので注意が必要です。また、プチ絶食中は必ず仕事などが休みの日にしましょう。多くのエネルギーが必要な日に絶食を行っていると、体調不良が非常に危険です。体力がもたない可能性もありますので注意しましょう。

プチ絶食を定期的に行っている人はデトックス効果がとても効率的に行えているので、体内から綺麗な身体を形成できます。皆さんも一度、正しい方法とやり方でプチ絶食を体験してみるのはいかがでしょうか。