下半身太り3つの原因と3つのおすすめダイエット法を紹介!

下半身太り3つの原因と3つのおすすめダイエット法を紹介!

UPDATE:2019.10.25
ダイエットマメ知識

下半身に贅肉が集まっていると全体的に太った印象に見えてしまいます。下半身が引き締まっているかどうかはとても大切で、下半身が太っていると、全体の見栄えが非常に悪くなります。大きい筋肉があつまる下半身は、脂肪燃焼も難しいと言われていて、特に太ももやお尻が大きくて悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

日常生活のふとした瞬間や、普段運動を行っている人・行っていない人も効果的に下半身を鍛える事ができるトレーニングは数多くあり、下半身美人を目指している全ての方にオススメしたいトレーニングメニューをご紹介していきます。

また下半身が太ってしまう理由もご説明していきますので、下半身を鍛えてスッキリさせた後でも、太らないようにする事で、いつまでも下半身スッキリ美人を維持する事ができるようになります。下半身太りの原因・下半身トレーニングの効率的な方法をコチラの記事で詳しく紹介していきます。

下半身太りの原因。なかなか痩せない根本的な原因とは?

普段から運動やダイエットをしている人の中には「下半身の贅肉が全然とれない」と悩んでいる人は多いでしょう。運動しても食事制限をしても脚が細くならないと悩んでいる人もいるでしょう。

お尻周りや太ももなどの下半身全体の脂肪は、正しい方法で効率的なトレーニングを行わないと解消する事ができません。下半身の脂肪は中々簡単には燃焼できないからです。効率的なトレーニングを紹介する前に、まずは何故下半身太りになってしまったのか、その原因から探っていきましょう。原因を知り、原因を解決する事で成功へと導いて行く事ができます。

下半身太りの原因その1:骨盤が歪んでいるから

下半身太りの原因その1:骨盤が歪んでいるから

現代人で特に多い下半身太りの原因は、骨盤が正しい位置になく歪んでいるからです。座り仕事やデスクワークが多く、姿勢が悪い人は特に陥りがちなのですが、下半身が中々痩せない原因は骨盤が歪んでいるからかもしれません。

骨盤の歪みは骨盤を支える筋肉の衰えです。骨盤を支える筋肉が衰えていると、お尻や太もも周辺が太く見えてしまうのです。骨盤が曲がっているかどうかをチェックするには、いつも通りに立ってみて、耳や肩、腰、手首、膝、かかとが床と一直線になっているかどうかを確認してみましょう。いずれかの部位が曲がっている場合は骨盤が歪んでいる可能性が高いと考えて間違いありません。

骨盤が歪んでいると下半身太りの原因になるだけでなく、ダイエットや運動の邪魔になってしまうケースも多いので、ただちに修正する必要があります。下で説明するトレーニング方法を実践sるえば骨盤の歪みも矯正可能なので、治す方法は下で詳しく説明していきましょう。

下半身太りの原因その2:脂肪の蓄積

下半身太りの原因その2:脂肪の蓄積

運動していない方はもちろんですが、ジムや自宅で運動しているのに痩せないという方はダイエット方法やトレーニング方法が正しくない可能性が高いです。下半身は特に脂肪が蓄積しやすい部位ですが、筋トレやダイエットなどで簡単に脂肪を燃焼できる部位でもあります。運動してもダイエットしても下半身が太ったままという方は、一度トレーニングメニューを考える必要があります。

女性の方でよく勘違いしている方が多いのは、「筋肉をゴツゴツにしたくないから筋トレはしないで有酸素運動だけ」という方がいらっしゃいますが、これは大きな間違いで、女性でも筋トレは必ずした方が良いのです。その理由は筋肉量を増やす事で、基礎代謝を上昇させる事ができるからです。基礎代謝をあげると、太りにくく痩せやすい体になっていきますので、筋肉量を増やすのが嫌で筋トレをしていない女性は、痩せやすい体を作っていないことになりますので、例え痩せたとしてもリバウンドしてしまう可能性が非常に高いと言えます。

有酸素運動の代表格であるランニングやウォーキングは確かに効果的ですが、これだけ行っていても下半身太りは解消されません。効果的に下半身太りを解消するには筋肉量を増やす必要がありますので、まずは筋トレを行い、その後有酸素運動を行うようにしましょう。筋トレの後に有酸素運動を行うのは効果を増幅させてくれるとても良い方法なので、女性の方でも筋肉を増やすような筋トレはとても重要なのです。

下半身太りの原因その3:血流悪化によるむくみや冷え

下半身太りの原因その3:血流悪化によるむくみや冷え

これは特に女性に多いのですが、血流の循環が悪く筋肉が硬くなる事でおこってしまう「むくみ」や「冷え」による下半身太りです。寝不足や同じ姿勢を続けていると筋肉が硬くなってしまい冷えが起こりやすい体質になってしまいます。下半身を効果的にダイエットしたいのであれば、筋肉の凝りを解消して血流を良くする事が大切です。

血流を良くする最も良い方法は筋トレですが、それ以外はストレッチが効果的です。ストレッチには筋肉をほぐして働きを促す効果がありますので、女性特有の柔らかくてしなやかな筋肉を維持するにはストレッチがとても効果的です。太ももやふくらはぎの下半身の綺麗なボディを形成するためには、毎朝ストレッチを行ったり、筋トレ前にもストレッチを行うようにして、定期的に筋肉を活動しておくようにする事が大切です。

下半身ダイエットにおすすめのトレーニング方法を解説

下半身太りの原因が判明したところで、ここからは下半身を効果的に引き締める事ができるトレーニング方法をご紹介していこうかと思います。下半身で引き締める部位は、

・お尻
・太もも
・ふくらはぎ

このあたりが中心になってきます。女性は特に下半身ではこのあたりが気になると思いますし、男性も女性も下半身を鍛えておく事で、筋トレや運動のパフォーマンス能力が上昇しますし、下半身の大きな筋肉を鍛えておく事で基礎代謝が上がりますので、男女共に下半身のトレーニングは強く推奨します。

それでは早速、自宅・ジムなどで行う事ができる効果的な下半身トレーニング方法を紹介していきましょう。

1.ランニングで下半身を鍛えつつ有酸素運動

ランニングで下半身を鍛えつつ有酸素運動

筋トレと有酸素運動の組み合わせはとても効率が良く、ランニングは短期間でカロリーを多く消費し下半身の脂肪を燃焼すると共に下半身を鍛える事ができる最高のトレーニングです。ジムでランニングマシンを使う場合は、ランニング前に筋トレを行っておきましょう。筋トレ⇒有酸素運動の流れが最も効率が良いです。

下半身全体を使って体を薦めるランニングは下半身痩せには最も適しているトレーニングです。継続して進める事で更に効果が上がりますので、自身の体力向上の為にも頑張って続けるようにしましょう。

①運動を開始する前に、ストレッチ(柔軟体操)を行う
②ストレッチが終わったら、ウォーキングから始める
③体が温まってきたら、徐々にスピードを速める
④無理のないランニング速度になったら、一定のスピードを維持する
⑤(2)のウォーキングを含めて、合計20分間走る
⑥20分経過したら徐々にスピードを落としていく

目安は20分です。走る前のストレッチや一定のスピードを維持して20分を走り続けるという事を意識しましょう。最低20分というだけであって、まだ体力が残っていて走れそうならいける所までいく方が良いです。走れば走るだけでカロリーを消費しますので脂肪燃焼効果はどんどん高まっていきます。

運動初心者でいきなりランニングはハードルが高いと感じる方はウォーキングでも大丈夫です。ジムのマシンを使う場合は、傾斜を上昇させてウォーキングを行えば効果がアップします。傾斜が高ければ高い程、下半身の引き締め効果も上昇しますので、走るのが苦手な人は、傾斜を傾けてウォーキングで代用しましょう。しかしランニングの方がは効果は高いので、慣れてくるまでのつなぎと考えて下さい。

2.下半身引き締めと言えばスクワット

下半身引き締めと言えばスクワット

自宅でもジムでもどこでも行う事ができて、効果的に下半身の筋肉を鍛える事ができるトレーニングと言えばスクワットです。男性にも女性にも人気が高いトレーニングで、太もも・お尻。ふくらはぎの筋肉を鍛える事ができ、自宅でもジムでも非常に高い効果を発揮してくれます。

しかしフォームが崩れてしまったりすると、効かせたい部分に効果的に効かせる事ができなくなってしまう場合もありますので、スクワットをしている時はフォームを大切に、1回1回丁寧に行うようにしましょう。

①肩幅分くらいに足を広げて立つ
②背筋を伸ばす
③足先を軽く外に向ける
④息を吸いながら、ゆっくりと体を下げていく
⑤太ももが床と平行になったら、その姿勢を2秒間維持する
⑥息を吐きながら、姿勢をゆっくり戻していく
⑦15回繰り返す
⑧30秒間インターバルを挟む

きちんと背筋を伸ばして体の上下運動をあげる時もさげる時もゆっくり丁寧に行うのがポイントです。膝とつま先が同じ向きになるように注意して、膝がつま先から前に出ないようにします。ゆっくり丁寧に1回1回行う事で効果を上げる事ができますので、きっちりと下半身が鍛えられていることを意識しつつ、15回×2セットを目安に行っていきましょう。

自宅で行ってみて、慣れてきたらジムなどでダンベルを使用して負荷をかけながら行うと更に効果を上げる事ができます。ジムで行うのは自宅である程度筋肉がついてからでも問題ありませんが、自重トレーニングは限界がありますので、その点は自分自身の筋肉量と相談しながら決めていきましょう。

3.レッグレイズでお尻を小さく骨盤矯正で綺麗な姿勢に

レッグレイズでお尻を小さく骨盤矯正で綺麗な姿勢に

お尻周りの脂肪燃焼と骨盤矯正に効果的なトレーニングがレッグレイズです。バランスボールがあれば更に効果的なトレーニングになりますが、バランスボールがなくても行う事ができるので、自宅でもジムでも気軽に行っていきましょう。

①仰向けで寝る
②両手を自然に広げて、両足でバランスボールを挟む
③バランスボールが無い場合は、両足をくっつける
④下半身を上に持ち上げていく
⑤(4)の時、息を吐きながら上げる
⑥太ももと床と90°になったら、その状態を2秒間キープする
⑦息を吸いながら、ゆっくりと下半身を下げていく
⑧15回繰り返す
⑨インターバル(30秒間)

上半身が動かないように安定させるのがポイントで、バランスボールがある場合は両足でしっかり挟み、上げ下げを行う事でさらに効果をや負荷を上昇させる事ができますが、はじめての場合はボールがなくても相当きついと思いますので、慣れてくるまでは何もない状態で行うのが良いでしょう。

まとめ

下半身をキュっと引き締めて綺麗なスタイルを維持したいというのは女性は常に憧れている事ですよね。加齢と共に下半身の筋肉は衰えていき、お尻が垂れてきてしまったり、骨盤の位置がずれてきて太ももが太くなってきたりしてしまいます。下半身の筋肉を引き締めて鍛えておく事で、いつまでも若々しく綺麗な下半身を作っていけます。

また、下半身の筋肉は全てのトレーニングで重要になってきますから、下半身の筋肉を鍛える事で他のトレーニングや運動のパフォーマンスも上げる事ができます。トレーニングの基本は下半身からです。皆さんも効率的に下半身を鍛えて、下半身太りを解消して綺麗なスタイルを作りましょう。