心も身体も美しくなる!ピラティスダイエットの5つの効果をご紹介!

心も身体も美しくなる!ピラティスダイエットの5つの効果をご紹介!

UPDATE:2019.10.04
エクササイズダイエット

これから夏がやってきますね!

夏と言ったら海!海と言ったら水着!

でもくびれがなくて水着を着るのが恥ずかしいと思っているアナタ!

夏までにくびれの作る方法を今話題のピラティスダイエットでご説明します。

ピラティスダイエットとは?

ピラティスダイエットとは?

よく上記のようなポーズを見たことはありませんか?

これは一般的にピラティスポーズと呼ばれ、ピラティスダイエットで行うポーズの一環です。

ピラティスダイエットは、1920年代にドイツ軍の従軍看護師として活躍したジョセフ・ヒューベルト・ピラティスさんが考案した健康法で、身体のストレッチ、筋力強化、そしてバランス強化を目的として、リハビリの為に考案されたそうです。

見た目からするとヨガのポーズによく似ていますが、ヨガはストレッチが主な健康法に対して、ピラティスダイエットは筋トレを中心としてます。

元々がリハビリ用に開発された運動なので、ほとんどを寝ころんだ状態から行う筋トレ運動なのですが、トレーニングと聞くと辛いイメージがあります。

しかし、このピラティスは無理なく、狭い場所でもできるので、お手軽にでき、脂肪燃焼にすごい効果を持っているのでダイエットとして、とても人気があります。

ピラティスダイエットは60日できれいなくびれができる!

ピラティスダイエットは60日できれいなくびれができる!

ダイエットと聞くと皆さんが欲しいのは、「手軽にできる」「すぐに効果が出る」「リバウンドしない」の3つではないでしょうか。

ピラティスダイエットはすぐに効果が出るダイエットではありませんが体幹を鍛えるのでリバウンドしにくい体になり、すごくお手軽にできます。

筋力トレーニングなので、最初は少し辛いところもありますが、畳一畳分程度の広さがあれば、問題なくダイエットができる上に、1日にたった8分程度の運動なので、夜寝る前にもでき、とてもお手軽にできます。

もちろん慣れてきたら20分、30分と時間を延ばせばそれだけ効果がでます!

そしてその効果は、個人差にもよりますが、10日目で姿勢がよくなり、20日目で変化が起き始め、30日目で目に見えておなか回りが引っ込み、60日目でハリウッド女優のようなきれいなおなか回りになると言われています。

又、ピラティスダイエットは内臓機能にも効果があり、便秘、残尿感、尿漏れ、性交痛などにも効果を発揮しますので、ダイエットだけでなく、おなか回りの悩みを抱えている方にもオススメできる健康法なので、ぜひ実践してみて効果を実感してください。

ピラティスダイエットは呼吸法が一番大事!

ピラティスダイエットは呼吸法が一番大事!

ピラティスは、一つ一つのポーズさえ覚えてしまえば、運動が苦手な方でも行えるダイエット法ですが、ただポーズさえ出来ていればいいというわけでもありません。

ピラティスダイエットで一番重要なのは呼吸方法をしっかり覚えることです。

ポーズも重要なのですがそれよりも大事なのはポーズをしている最中に、どこの筋肉を使っているのか意識をすること、そしてポーズの最中は常に息を吐き続けることが重要です。

ピラティスの呼吸法はすべて胸式呼吸で行います。

この呼吸法をマスターすることによって、効果は劇的に変わりますので、やり方をご紹介いたします。

胸式呼吸については、肋骨を広げるようなイメージで鼻からゆっくりと吸い込み、口から細い糸を吐き出すようなイメージで呼吸するとよいでしょう。

見た目としてはおなかが膨らむのではなく胸が広がるように見えますのでそれを意識するといいと思います。

ピラティスダイエットは息の仕方が普通と逆?

ピラティスダイエットは息の仕方が普通と逆?

ピラティスダイエットは、力を入れながら息をはいて、体を戻すときに息を吸います。

普段筋力トレーニングをするときは、動くときに息を吸って、戻すときに息をはくので、力を入れずらく、一回一回がすこしきついと思います。

しかし、それが少ない運動量で大きく効果を出すコツなのです!

この呼吸法を意識してきれいなくびれを作り上げましょう!

特殊な呼吸法なのですがこの呼吸法は体の深部の筋肉を意識しやすくなり、自律神経の乱れを整える効果もあるので、リラックス効果も持っています。

これが寝る前に行うと、リラックスできて、ほどよい疲労感があるので、よく眠れるといわれる理由ですね。

又、有酸素運動になるのですごく喉が渇きます、ピラティスダイエットの後は水を一杯のんで適切な水分補給をしましょう。

テレビでよく見るピラティスダイエットのポーズをご紹介します!

ピラティスのポーズはいくつかあって、そのポーズを作るうえで重要なポイントをいくつかご紹介いたします。

1.ニュートラルポジション

ニュートラルポジション

仰向けになり手のひらを下に向け、両足は肩幅に、軽く膝を曲げます。

背中が反りすぎないように注意し、背骨と首が自然なアーチを描くようにします。

これをニュートラルポジションと呼び、あらゆるポーズの基本となります。

体幹が弱い方はどうしても腰が浮いてしまうので、慣れるまでは無理のないように、少しずつ姿勢を正していきましょう。

2.インプリンティングポジション

インプリンティングポジション

ニュートラルポジションの状態から、骨盤をやや後ろ倒しにすれば、インプリントポジションの状態になります。

骨盤と床が平行になるニュートラルポジションと違い、腹部が斜めになるよう腰をマットに引き寄せ、骨盤を後ろ倒しにするような姿勢です。

横から見るとお腹が凹むような形になりますのでそこがポイントです。

ニュートラルポジションでどうしても腰が反ってしまう場合は、インプリントポジションで腰の浮きを抑えることができますので慣れないうちはこちらのポーズで行うと良いでしょう。

3.アッパーバックリリース

アッパーバックリリース

背中の緊張をほぐし、肩甲骨周り~首・肩まわりの血流を改善する効果のあるポーズです。

まず、タオルを1枚用意し、少し太目に巻きます。巻き終わったタオルを肩甲骨の下に置き、タオルが当たるよう仰向けになりましょう。膝を曲げて開かないように注意。

両手を前ならえのように天井へ伸ばします。

ゆっくり息を吸い込んで、息を吐きながら右手を頭の方へ、左手をお尻に向かって下ろしてください。

今度は息を吸いながら天井へ両手を戻しましょう。

手を入れ替えて、逆も同様に行い1セットの完了です。

5秒周期でゆっくり行うとよいでしょう。

4.ブリッジ

ブリッジ

背骨の動きを滑らかに整え、お尻~太もも裏の筋肉を引き締めるポーズです。

まず、タオルを膝の間に挟めるほどの厚さに畳み、挟んだ状態で仰向けになります。

内ももの筋肉を意識し、足は腰の幅ほど軽く開いている状態にしましょう。

ゆっくりと息を吸って、吐きながらで骨盤をお腹側へ傾けるように意識して、ゆっくりとお尻を持ち上げます。

このとき、お尻を持ち上げすぎず、胸から膝先まで平行になるようにしましょう。

この状態をキープしつつ深呼吸し、息を吸いながら両手を頭の方へ伸ばしていきます。

息を吐きながら、背骨が少しずつ床についていくのを意識して床に下ろしましょう。

お尻が床についたら両手は腰の方へ戻し、繰り返しおこなってください。

5.バックエクステンション

バックエクステンション

うつ伏せの姿勢で背面の筋肉を使い、姿勢の改善に有効なポーズです。

まず、うつ伏せに寝転がり、重ねた両手をおでこの下に置いて、足は軽く腰幅に開きます。

おへそを床から少し浮かせるようにお腹を引き上げて、ゆっくり息を吸いましょう。

吐く息でお腹を引き上げたまま、右足を遠くに引っ張られるように持ち上げ、左足も同様に繰り返します。

お腹が引きあがっている状態をキープし、再度ゆっくり息を吸い、吐く息で今度は上体をゆっくり床から持ち上げてください。

足と上体ゆっくり下ろして、繰り返しましょう。

以上はピラティスポーズの基本的な動作の一例になります。

他にも色々な姿勢がありますので興味を持ったら、ピラティス教室などに通い、実践してみて姿勢をマスターするといいでしょう。

ピラティスダイエットには機械を使ったダイエット法もあります

ピラティスダイエットには機械を使ったダイエット法もあります

ピラティスというと、床に寝そべった姿勢で道具を使わないイメージがありますが、実は機械を使ったマシントレーニングも存在します。

一般的に広まっているマットを使って姿勢をとるピラティスをマットピラティスといい、専用のマシンを使ったピラティスをマシンピラティスと呼びます。

専用のマシンは10種類以上あり、鍛えたい箇所によって機械を変えます。

マシンピラティスの場合、手軽にできないので、専用の教室に通わなければいけない分、少々億劫に感じますが、その効果はマットピラティスより高く、もっと短期間で痩せたい方にお勧めいたします。

ピラティスダイエットは継続が大事です

ピラティスダイエットは継続が大事です

ピラティスはリハビリ目的で開発された運動法のため、体に負担を掛けることなく、筋力を鍛えることができると言われています。

比較的楽に運動できるので、継続が難しい運動ではありません。

そして大事なのは継続して行うことです。

一度辞めてしまえば、面倒になり、そのまま行わなくなってしまう為、欠かさず行いましょう。

日常で意識することなく行えるようになれば、もうダイエット成功は目の前です。

ピラティスダイエットは世界で人気!

ピラティスダイエットは世界で人気!

ピラティスダイエットはハリウッド女優が始めたことから人気ですが。

日本でも若い女性を中心に爆発的に広まっていますが、体に負担が少ないことから高齢者の体力作りの方法としても注目されていたりします。

このように誰にでもできることは、ダイエットにおいてとても重要です。

又、ピラティスにはストレス発散効果や自律神経を整える効果も期待できるため、普段運動をしない方はもちろん、常に運動している方にもおすすめできます。

ピラティスダイエットを実践してみて

ピラティスダイエットを実践してみて

私も寝る前に毎日10分程度、ピラティスダイエットを実践してみましたが、2週間程度で本当に姿勢がよくなって気づいたらピシッと立っていることに気が付きました。

そして1か月後にはだらしなかったお腹が引っ込み始めています。

女性の方はもちろんオフィスワークで運動をしない男性のメタボ対策などにもいいと思います。