おすすめチューブトレーニング5選!筋力の少ない女性でも楽々

おすすめチューブトレーニング5選!筋力の少ない女性でも楽々

UPDATE:2019.11.05
エクササイズダイエット

様々な部位を鍛える事ができるチューブトレーニングが今注目を集めています。話題になっている理由は、ある程度筋力が必要な他のトレーニングとは違い、筋力がほとんどない女性の方でも負荷が少ないチューブトレーニングは簡単に始める事ができるという点です。

自宅で空いてるスペースで気軽に開始する事ができて、チューブも嵩張ることがありませんので出先にもって行く事もできるので継続するのも楽々です。

色々な部位を効果的に鍛える事ができて、さらに持ち運びも楽なチューブは、近年ではトレーニング初心者の女性に特に愛用されています。コチラの記事ではチューブを使った効率的なトレーニング方法をご紹介させて頂きます。

弾力性の強いゴムで楽々トレーニング

弾力性が強く色々な部位を鍛えるときに使用可能なチューブは、一本持っているだけで色々な部位の筋肉を鍛える事ができるので効率的です。トレーニング初心者の人が特にチューブを選ぶ事が多い理由・初心者の方に特にオススメしたい理由をここからは説明していきたいと思います。ちなみに一口でチューブと言っても、大きく分類すると3種類に分ける事ができます。

・ひも状タイプ
・グリップタイプ
・ゴムバンドタイプ

ひも状タイプのものが一番一般的なもので、皆さんがまず思い浮かべるのはひも状タイプのものです。メリットとしては切ったり縛ったりする事で負荷を自由自在に変更できる万能タイプという所。グリップタイプはひも状のチューブの上位互換のようなもので、ひも状では手のひらが痛くなったりするのですが、それがなく、握りやすい形状になっていいます。ゴムバンドタイプは特殊で、ゴムが平らなバンドタイプは結んだり折りたたんだりして強度を自由に調節しやすいのが特徴です。

チューブトレーニングで使う事が多い「ひも状タイプ」「グリップタイプ」の一般的なチューブを使ったトレーニング方法や効果をコチラの記事では重心的に説明していこうかと思います。

1.初心者に優しい(低コスト&筋力いらず)

初心者に優しい(低コスト&筋力いらず)

チューブがトレーニング初心者にオススメされる理由は、チューブ自体が安く安価で始められるという点が大きいです。トレーナー器具は高いものから安いものまでありますが、大抵の器具はそこそこの値段がしますから、一度購入してやらなくなってしまうと勿体ないです。その点チューブは安いものでは500円以下で購入できるものまであり、それ位安ければ、もしもやらなくなったとしてもそこまで痛い出費ではありませんよね。安価で購入できるという点が初心者に始めやすい点であると言えます。

次にチューブトレーニングにあまり筋力が必要ないという点です。他のトレーニングはある程度の筋力が必要となってきます。ある程度の筋力がないとトレーニング自体を上手に行う事ができず、効果を発揮する事ができないのです。その点、チューブトレーニングは全く筋力に自身がない女性でも始める事ができる筋力いらずのトレーニングですので、運動不足で普段から全く動かない女性でも気軽に始める事ができます。

2.安全にトレーニングする事ができて繰り返す事で負荷をかけられる

筋力がなくても始められると聞くと「そんなに負荷がなくて筋トレができるのかな…」と不安になってしまうと思いますが、チューブトレーニングの利点は繰り返す事で効果を発揮するという点です。1回1回の負荷はダンベルや他の器具に比べれば低いですが、繰り返しチューブトレーニングを行う事でダンベルに匹敵する程の負荷をかける事ができます。自分自身でどれ位の負荷をかけるかを調整できるというのもチューブの良い所です。

さらにバランスボールなどと比べると安全面でも際立っていると言えます。他のトレーニング器具は安全面に配慮されているとは言え、重たいものを持ったり、自分に負荷をかける為に重たいものを持つわけですから、多少の安全面のリスクは負ってしまうものです。しかしチューブはその心肺が全くありません。バランスボールなどとは違い転倒の危険性もありませんし、女性向けに作られているものが多いので、特に安全性にはとても高い配慮がなされています。

3.短時間で効果的に行えて持ち運びも楽

短時間で効果的に行えて持ち運びも楽

チューブトレーニングの利点はトレーニング方法により「ここを鍛える!」と決めた部位を集中的に鍛える事ができるという点です。筋肉を鍛えるときは鍛えると決めた部位を集中的に鍛える事で効率が上昇します。ここもあそこも同時に鍛えるというのは難しく、その点チューブは一点狙い撃ちのような感じで筋トレができます。

さらに全くかさばらない器具なので、旅行先や出先でも持って歩くことができる為、毎日チューブトレーニングを行う事も可能です。他のトレーニング器具であれば出先にまで持って歩くことは難しい部分もありますよね。その点チューブであれば持ち運びも楽ですし、持ち運んでからのトレーニングも色々選ぶ事ができるのも良い所です。

おすすめのチューブトレーニング方法をご紹介!

いつでもどこでも気軽に始める事ができるチューブトレーニングのおすすめ方法をご説明していきます。特に女性が気になるであろう、腕・お腹・足・お尻など、贅肉がつくと中々落ちない部分の筋肉を効率的に鍛える方法を重点的に紹介していきましょう。

1.プルプル二の腕解消トレーニング

プルプル二の腕解消トレーニング

二の腕はとても贅肉がつきやすい部分で、腕が太く見えてしまう原因ですし、脂肪がプルプルするのは解消したいですよね。そんな時に行いたいのが、チューブを使った二の腕の脂肪を燃焼する為のトレーニングです。

①チューブを両足で踏み、肘を90度に曲げ、この時にチューブがピンと張るように調整します。
②肘の位置をずらさないように意識しながら、拳が肩につくようなイメージでチューブを引き上げましょう。
③上半身が反ったり、丸まったりしないように注意。
④自然な呼吸で左右15回ずつ行いましょう。

チューブを使ったトレーニングとしては最も基本となる動きです。イメージとしてはダンベルトレーニングのような感じで、1回1回丁寧にゆっくりとした動作で行うとさらに良い効果を発揮してくれます。上半身が丸まってしまったり、腕以外の力で持ち上げようとすると効果が薄れてしまいますので、必ず二の腕に効いているということを意識しながらトレーニングするようにしましょう。

2.腹筋が苦手な人でもできる腹筋トレーニング

腹筋が苦手な人でもできる腹筋トレーニング

たるんだお腹を引き締めてくれる効果があり、さらにバストアップ効果もあるトレーニングです。腹筋が苦手で全然できないという人でもできるお腹周りを鍛えるチューブトレーニングなので、腹筋が全くついていない人でも行う事ができます。

①仰向けで横になり、膝から足首までが床と平行になるように膝を90度に曲げて持ち上げます。
②足の裏にチューブを通して膝のあたりでチューブを持つ事ができる長さに調節します。
③肩甲骨が床から浮くくらいまで上半身を持ち上げていきます。呼吸を整えながらゆっくり戻してこの動作を繰り返し行います。
④自然な呼吸で15回行いましょう。

15回を1セットとして慣れて来たら3セット行うようにしましょう。1回1回の負荷は少ないかもしれませんが、繰り返し15回も行えばそこそこの負荷をかける事ができます。セット間のインターバルは長くても1分ほどで、あまり長い休憩をとらないように注意しましょう。

3.美脚を目指すために必要なトレーニング

美脚を目指すために必要なトレーニング

女性の方であれば誰でも憧れてしまうのが、スラっと伸びた美脚ですよね。そんな美脚を作る為には、太ももの筋肉を鍛える必要があります。チューブトレーニングで行える足を鍛えるトレーニング方法を説明していきましょう。

①脚を腰幅から肩幅くらいまで開きます。
②両足の下にチューブを通し、しゃがんだ時に脚と手の間でチューブが張るくらいに長さを調整しましょう。
③両手でチューブを持ち、立ち上がります。膝が90度くらい曲げるようにしてしゃがんで行き、この動作を繰り返します。

ポイントとしては背中を丸めずに正しい姿勢で行うという事。自然な呼吸方法で15回を目安に3セット行うようにしましょう。コチラも1回1回をゆっくり行う事で筋肉への負荷を多くかける事ができるようになります。特に太ももの裏側を意識する事で効果が上がります。

4.美背中&美尻を鍛えるトレーニング

美背中&美尻を鍛えるトレーニング

普段見えない事であまり意識しない背中とお尻の筋肉。鍛えていることで後ろ姿が綺麗になり、女性としてのスタイルがとても綺麗に維持されます。背中とお尻の筋肉もチューブを使って鍛える事ができます。

①脚を伸ばした状態で座ります。
②両足の裏にチューブを通し両手で伸ばします。この時に手と足の間でチューブがピンと張るように長さを調節しましょう。
③チューブを持った手に力が入らないようにリラックスした状態から肩甲骨を内側に寄せるようなイメージでチューブをまっすぐ後ろに向かって引きましょう。

戻すときもチューブの収縮に頼って戻すのではなく、動きをコントロールし自分の力で戻すようにしましょう。1回1回を時間をかけて行うのがポイントで、15回を1セットで3セット行えたらベストです。

5.座りながら二の腕と胸のトレーニング

座りってテレビを見ながらでもできる「ながらチューブトレーニング」です。この運動は二の腕とバストアップに効果があります。

①チューブを両足で踏み、固定します。このときの足は腰幅くらいを意識します。
②基本姿勢で座り、リラックスした状態でチューブを掴みます。
③肘を曲げて拳を胸の高さまで持ち上げ、片方の肘を伸ばしながら前へ拳を伸ばしていきます。
④伸ばしきったところで左右入れ替え、この動作を繰り返します。

肩に力をいれずにリラックスした状態で挑む事で効果がアップします。左右15回ずつを交互に行っていき、3セットこなせるようになるまで頑張りましょうね。

まとめ

筋トレ初心者の方から熟練者までとにかくファンが多いチューブトレーニング。なんと言っても魅力は自宅で好きな時間にいつでも気軽にできるのに、効果が高いという点。筋肉にピンポイントで刺激を伝える事ができる為、「ここを鍛えたい」という要望に素直に従ってくれるのがチューブの良い所です。

値段もお手頃でどこでも出来る為、トレーニング初心者の方やダイエットを始めようかなと思っている女性の方には特にオススメです。チューブを使ってある程度の筋力をつけてジムに通ったりするのも良いかもしれないですね。

皆さんも是非自宅でチューブトレーニングを行ってみましょう。思わぬ効果にビックリするかもしれませんよ。