バレエダイエットに海外セレブも注目!驚くべき5つの効果!

バレエダイエットに海外セレブも注目!驚くべき5つの効果!

UPDATE:2019.10.10
エクササイズダイエット

バレリーナの細い体、綺麗な美脚に憧れたことはありませんか?

女性なら一度は綺麗な美脚に憧れを持ったことがあるかと思います。

綺麗な姿勢にキュッと引き締まったウエスト、そしてスラリと伸びる綺麗な美脚は女性の理想の体型ですよね。

そんなバレエの動きを取り入れた「バレエダイエット」というものを行っているという事で、バレエを使ったダイエットの人気に火が付きはじめました。

バレエなんて難しそう!と思うかもしれませんが、自宅で動画やDVDなどを使い簡単に始めることもできちゃうんです。

そこで、女性の憧れの美脚を手に入れる為の「バレエダイエット」ダイエット法についてやり方や効果を解説していきます。

バレエダイエットって?

バレエダイエットって?

「バレエダイエット」とは、クラシックバレエを基本としたエクササイズの一種です。

海外セレブがSNSなどで痩せたと報告があったりと、今話題のダイエット方法となっています。

バレエダイエットは主にインナーマッスルを鍛える方法なので、余分な筋肉がつくことはなく女性らしい引き締まったメリハリボディを手にすることができると、女性を中心に人気を集めています。

バレエの動きを取り入れたバレエダイエットが人気を集めたのは、「ミランダ・カー」「ビヨンセ」「マドンナ」といった海外セレブが美容と健康の為に行いSNSなどで広めたためです。

また、「バレエ」と聞くと、難しいものと思ってしまいがちですが、バレエダイエットはバレエを全く習ったことがない初心者の方でも気軽に始めることができます。

バレエ教室などでレッスンを受けることもできますが、市販のDVDや動画などを見ながら始めることもできるのが魅力の一つとも言えるでしょう。

バレエダイエットの効果

バレエダイエットの効果

バレリーナを見るとよく分かるように、バレリーナはとても華奢な細い体を使ってダイナミックに踊ることができます。

なぜ、あの様な綺麗な体型を保ち、力強い演技を行えるのか、バレエダイエットを行うことによっての効果と合わせて説明します。

インナーマッスルが鍛えられ脂肪燃焼効果が高まる!

インナーマッスルが鍛えられ脂肪燃焼効果が高まる!

まず、バレエダイエットの最大の効果としてはインナーマッスルの強化があります。

インナーマッスルが鍛えられると、綺麗な姿勢になったり、基礎代謝が上がり痩せやすい体質になります。

バレリーナ達は日々の練習でインナーマッスルがとても鍛えられています。

バレリーナが華奢で細い体なのにダイナミックに踊れる秘密はここにあるのでしょう。
正しく背筋を伸ばした姿勢を意識し保つことで、自然と体幹のインナーマッスルが鍛えられてくるでしょう。

体の中心となる体幹が強くなることで、余分な力を使わずに済むので、ターンや足上げがスムーズに行うことができます。

また、バレエダイエットを行うことにより、普段は固まっていた脚の筋肉がほぐれ、内側の筋肉が使われるようになり、ほっそりとした美脚を手に入れる事ができたり、O脚の改善にも繋がります。

基本的にバレエの動きはインナーマッスルを強化するにはもってこいな動作が多くあります。

インナーマッスルを強化することにより基礎代謝が上がるので、太りにくく、痩せやすい体になることができます。

姿勢が良くなり美しいボディラインが手に入る

姿勢が良くなり美しいボディラインが手に入る

近年スマホの普及にとって現代人は猫背になりがちです。

また、女性の肩はハイヒールで腰が反ってしまったりと、姿勢が悪くなってしまう原因が多くあります。

姿勢が歪んでしまうことによって肩こりや腰痛の原因ともなってきます。

バレエでは基本的に自分の姿勢を鏡で確認しながら、姿勢を矯正していきます。

頭は天井から糸で吊られている感覚で、首を細く長く、お腹を引き締めて、脚は下からリボンを螺旋状に巻き付けらるイメージで伸ばしていきます。

最初は、どうしたら綺麗な姿勢になるのかが難しく、納得がいかないかもしれませんが、あまり深く考えすぎず、伸びやかな呼吸をしつつ、視線や指先まで自分の体全てに美意識を巡らせることも重要です。

正しい姿勢が身に付いてくると、自然とバストやヒップの位置が高くなって、ウエストがキュッと引き締まり、メリハリのある美しい綺麗なボディラインになっていくでしょう。

自慢のくびれができる

自慢のくびれができる

バレエダイエットはくびれ作りには効果絶大です。

ダイエットを取り組む方は、ぽっこりお腹に悩んでいる方が多いかと思いますが、ぽっこりお腹の原因は内蔵周りの筋力不足が原因だと考えられています。

腰回りをねじったり、内蔵を引き上げるように姿勢を矯正する事で、お腹周りの筋肉を鍛えてウェスト痩せを目指しましょう

脚痩せに効果

脚痩せに効果

バレエダイエットは脚痩せにも効果的です。

バレリーナのチュチュから覗く脚は、とても細く、綺麗に筋肉がついていて、とても美しいものです。

あの綺麗な美脚は正しい姿勢で骨盤を縮める事や、ストレッチなどで脚のむくみを取ることでスラっとした美脚を維持しているのでしょう。

女性が一度は憧れる美脚が欲しい!という方はバレエダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか?

柔軟性が上がり基礎代謝もアップ!

柔軟性が上がり基礎代謝もアップ!

バレリーナの演技を見ると、体の柔らかさに圧倒されてしまいます。

この身体の柔らかさは、筋肉の柔らかさにもつながり血液や体液の循環をアップさせてくれます。

体の循環機能がよくなれば代謝アップや身体の老廃物の排出を助けてくれる効果が期待できます。
バレエは体幹を軸に脚や腕を回しながら動かすので、普段凝り固まっている肩甲骨や股関節がほぐれ、可動域が広がります。

柔軟性が増すと血液や体液の循環が良くなり、基礎代謝がアップすると、体内の老廃物の排出を助ける効果、むくみを解消する効果、女性ホルモンの働きを高める効果が、期待できます。

また、循環をよくするためにストレッチをするとより効果が高くなります。

身体の柔軟性を高めるということは時間がかかるかもしれませんが、しっかりとした効果が期待できるのです。

バレエダイエットの消費カロリーは?

バレエダイエットの消費カロリーは?

一見、運動量が少なくみられがちなバレエですが、思った以上に消費カロリーが高いです。
いったいどの程度のカロリーを消費できるのでしょうか?

仮に体重50kgの方がバレエ教室1時間練習を行うと約250kcalの消費があります。

これは、ウォーキングを1時間程度行うのと同等の消費カロリーとなります。

バレエダイエットやり方

バレエダイエットやり方

バレエダイエットといっても様々な動作があります。

最初は難しいものではなく、基本的な動きから挑戦していきましょう。

体が固くてなかなか上手くできない、という方は無理をせずに、事前に準備運動をしたり、柔軟体操やストレッチをしたり、体が柔らかくなる風呂上がりなどにやってみるのもいいかもしれません。

基本の足の動き「1番ポジション」

基本の足の動き「1番ポジション」

バレエの足の動きには基本の1番から5番という足の動きがあります。

「1番ポジション」と聞いてもバレエを知らない人には分からないと思いますが、「1番ポジション」とはバレエと聞いて一番イメージしやすい立ち姿勢なのではないでしょうか?

そんな「1番ポジション」を取り入れた動きを紹介します。

1.直立の状態からつま先を180度に開きます。
2.両足の踵、両脚の踵、膝の内側、太もも同士をくっつけるようにして20秒止まります。
この時、「足の付根から足を開く」ということと、「骨盤の向きは正面」ということをイメージしてください。

また、上から吊るされているという意識を持って、背筋を伸ばすとやりやすくなりますよ。

O脚やX脚で悩んでいる方や、普段足を組む癖がある方は足を真っ直ぐと伸ばすのはキツイかと思います。

そんなときは無理に180度につま先を開くのではなく、無理のない程度に開き、徐々に開けるようにしていくのが良いかと思います。

つま先立ち「ルルベ」

つま先立ち「ルルベ」

「ルルベ」とはというつま先立ちです。

映画などでトウシューズを使いつま先でバランスを取るシーンを見たことがあるという方もいるかと思います。

その「ルルベ」を使った動きをダイエットに取り入れています。

1.まず「1番ポジション」を取ります。

2.太ももの内側を体の中に引き上げるように、踵を上げ20秒キープします。

3.踵をゆっくり床に戻します。

上から吊るされているようなイメージで、背筋を伸ばして行う効果的です。

体勢が崩れてバランスを崩してしまわないように、しっかりと足の指で体重を支えましょう。

こちらは、家事の合間など、空いた時間にどこでもできるダイエット方法なので、時間を見つけて挑戦してみてください。

バレエ的な屈伸運動「プリエ」

バレエ的な屈伸運動「プリエ」

「プリエ」はバレエの中でも基本的な動作の1つといえます。

壁や椅子などを支えに行うとやりやすいかもしれません。

1.1番ポジションをとります。

2..そのまま腰を落とし、踵は軽く浮かせます。

3.ゆっくり元の姿勢に戻り、繰り返します。

腰を深く落とすよりも、1番ポジションがしっかりとした姿勢でキープできているか足の開きを意識して行ってみてください。

素早く動作するよりも、10秒程度の時間をかけて腰をお落とし、10秒程度の時間をかけて元の姿勢に戻すというように、ゆっくりとした動作で行うことにより、内ももやふくらはぎ、腹筋、お尻など下半身全体のインナーマッスルに適度刺激を与えることができ、とても効果的です。

バレエといえばこのポーズ「アラベスク」

バレエといえばこのポーズ「アラベスク」

「アラベスク」と聞いて、あのポーズね!と分かる人は少ないでしょう。

しかし、どんなポーズが見てみると一度は見たことのあるポーズだと思います。

そのポーズが「アラベスク」というものです。

実際のバレエでは、片足で立ち、反対の足を後ろに引いて水平まで持ち上げ、両手を広げてポーズを取るものです。

しかし、これは体の柔軟性のほか、体幹やバランス感覚が必要となってきて、ダイエットの為に始めた初心者には難易度の高すぎるポーズでしょう。

ですので、初心者にもやりやすい様に、椅子や壁を使って上半身を支え、足の動きを真似した動作を紹介します。

1.椅子の背もたれに手を置き、直立します。

2.片方の足を後ろに引き上げ、20秒キープします。

3.ゆっくりもとに戻し、もう片方の足も繰り返します。

少し椅子の背もたれと距離を取って、足を後ろに引き上げた時に前かがみにならないように背筋を伸ばしましょう。

本当のアラベスクのポーズでは、足を水平まで後ろに引き上げますが、慣れないうちは怪我の原因にもなるので無理をせずに自分のペースで行ってください。

まとめ

まとめ

今回は海外セレブにも人気の「バレエダイエット」についてご紹介しました。

バレリーナのような美脚になりたいと思っていても、バレエ教室のレッスンに行くのは敷居が高くて勇気がいるものかと思います。

そんな方は、まず自宅でもできる「バレエダイエット」を試してみましょう!

目標となるバレリーナの脚や腕の動きを真似して体幹を強化!

自然とダイエットにも繋がり、痩せやすい体質を手に入れることができるはずです。

また、バレエの動きを練習することによって、美意識も高めて行けるのではないでしょうか!