表情筋を鍛えて美しい笑顔に!効果的なトレーニング法5選を紹介

表情筋を鍛えて美しい笑顔に!効果的なトレーニング法5選を紹介

UPDATE:2019.10.28
エクササイズ

「口角が下がっているから笑顔が綺麗じゃない」「いつも不機嫌そうだと言われる」など、口角が下がっていると笑顔が綺麗に見えません。口角が下がっていると老け顔に見えてしまいますし、女性にとっては口角が上がっている美しい笑顔は理想ですよね。

そんな美しい笑顔は、実は表情筋を鍛える簡単なトレーニングでゲットする事ができます。口角が上がっている美しい笑顔は見栄えも良いですし、人に好印象を与える事が出来ます。コチラの記事では簡単にできる口角アップのトレーニング方法や、笑顔が人に与える印象の違いなどをご紹介していきたいと思います。

笑顔が人に与える印象は絶大!口角と笑顔の関係とは

人の第一印象は見た目で9割決まるといわれている程、見た目は非常に大切です。特に、プライベートでもビジネスシーンでも、笑顔は非常に大切ですよね。笑顔が美しい女性は口角が上がっている綺麗な笑顔の人が多いのです。口角と笑顔の関係性は見た目が綺麗という事以外にも様々な要素があります。まずは口角と表情筋の関係性についても学んでいきましょう。

口角が上がっている人と下がっている人の与える印象の違い

口角が上がっている人と下がっている人の人へ与える印象はどれ位違うんでしょうか。普段は何も感じず直感で人を見て判断している為、気にした事がないという人もいるかと思いますが、人の印象は無意識の中に埋め込まれるものですから、自然と口角が上がっている下がっているで人からの印象は決まっているものです。

・口角が上がっている人の与える印象

口角が上がっている人の与える印象

明るい笑顔が印象的に見える・常に笑顔でいるように感じる・活発に見える・積極的かつ行動的なような印象を与える

・口角が下がっている人の与える印象

口角が下がっている人の与える印象

老けて見える・常に何かに怒っている様に見える・常に不機嫌に見える・常に何かに不満をもっているように感じる

口角が上がっているか下がっているかで人に与える印象はこうも違います。例えば職場などで、話しかけやすいなという印象の人は、口角が上がっている人なのかもしれません。口角が上がっている人は、優しい笑顔を携えている親切な人という印象を人に与えます。反対に話しかけにくい人は口角が下がっているのかもしれません。口角が下がっていると、常に怒っているような不機嫌なような印象を人に与えてしまいますから、特に職場の上司や先輩であれば話しかけにくいですよね。

このように仕事中でもプライベートでも人に与え印象を大きく変えてしまうのが、口角が上がっているか下がっているかなのです。あまり人に話しかけられないと悩んでいる人は、もしかしたら口角が下がっているのかもしれません。

口角の上がり下がりは表情筋で決まる!

口角は顔の筋肉(表情筋)で決まります。表情筋には数多くの種類の筋肉がありますので、まずはそちらを学習していきましょう。

・後頭前頭筋
・眼輪筋
・鼻筋(鼻中隔下制筋、上唇鼻翼挙筋)
・口筋(頬骨筋、笑筋、上唇挙筋、口輪筋、口角挙筋、口角下制筋、下唇下制筋、頬筋、オトガイ筋)
・舌筋(オトガイ舌筋、舌骨舌筋)
・浅頚筋(広頸筋、胸鎖乳突筋)

詳細な種類を全て分けると顔の筋肉だけで35種類以上あります。この35種類の顔の筋肉全てを総称して表情筋と呼んでいます。この中でも特に口角に関係する表情筋は「口筋」や「舌筋」です。この2つの筋肉を中心に鍛える事で、口角を上げて表情筋を豊かにし、口角の上がった美しい笑顔をゲットできるようになるという訳です。

表情筋を鍛えないと皮膚や脂肪が落ちシワの原因に

表情筋を鍛えないと皮膚や脂肪が落ちシワの原因に

表情筋を鍛える事による利点は、口角が上がり美しい笑顔になるという事だけではありません。表情筋を鍛えないと顔にハリがなくなっていき、表情の乏しい顔になっていきます。表情が乏しい顔であると、覇気がなく・元気がなく・体調が悪そうという印象を人に与えてしまいますので、初対面で与える印象としては良いものではありませんよね。

さらに表情筋が衰えてくると、皮膚や脂肪が下へ落ちてきて、シワやたるみの原因になり、皮膚がどんどん下に落ちていくので老けた印象を与えています。表情筋が硬くなってくると自律神経のバランスも悪くなり、その影響でどんどん無表情になっていき気分も落ち込んでいくという負のスパイラルに陥ってしまいます。

常にニコニコと笑っていられるのが一番表情筋を鍛えるのには最適なのですが、年を重ねていくとそうもいかない位に表情筋はおちていってしまいますので、その為に表情筋を鍛えるトレーニングを定期的に行うのが効率的なのです。

表情筋を鍛えて美しい笑顔にする為のトレーニング方法

表情筋を鍛えて口角を上げる事は人に与える印象を良くするという意味でも非常に大切な事です。「生まれた時から口角が下がってるから…」という人も決して諦めないで下さい。簡単なトレーニングで表情筋を鍛える事ができ、口角は上げる事ができます。

ここからは口角を上げる為の表情筋を鍛えるトレーニング方法を解説していきます。毎日継続して進めて行く事で確実に美しい笑顔に近づいて行く事ができます。

1.片目を閉じてウィンクトレーニング

片目を閉じてウィンクトレーニング

片目をつぶって行うウインクトレーニングは頬の筋肉を鍛える事ができます。口角のあたりの頬に痛みを感じてきたらうまく行えている証拠です。痛くなってこれ以上は厳しいと思う限界ギリギリまで行う事で更に効果をアップさせてくれます。

①片目をつぶりウインクをします。
②ウインクをした目に、頬と口を近づけるように口もとをグッと引き上げて5秒間キープします。
③反対側も(2)と同様にし、5秒間キープします。

3回繰り返し行うというのを1セットにして1日3セットを目安に行うようにしましょう。先ほども書いたように、頬が少し痛い位で初めて成功していると言えますので、無理をして大きく頬をグっと引き上げるように頑張りましょう。

2.唇巻き込みトレーニング

唇を口の中に巻き込むようにして行うトレーニングです。唇に近い表情筋を鍛える事ができます。こちらもしっかりやるとすぐに痛みを感じますが、痛みを感じてからが本番なので、しっかりと口角を上げる為に頑張りましょう。

①口を軽く閉じ、上唇・下唇を口の中に巻き込みます。唇のピンクの部分が見えないようにします。
②あごを軽く引き、唇を“U字”にする気持ちで口角を引き上げて10秒間キープします。
③ゆっくりもとにもどします。

2回繰り返す事を1セットにして1日10セットを目安に行うようにしましょう。ウインクトレーニングと同じで痛みを感じている時はきちんとトレーニングができていて鍛えられているという証拠です。痛みを感じていない場合は足りないということなので、もう一度挑戦するようにしましょう。

3.風船膨らましトレーニング

顔に空気をためて膨らます様子が風船を膨らましているみたいだということで風船膨らましトレーニングと呼ばれています。頬の筋肉の唇に近い部分を鍛える事ができて、口角のあたりに痛みを感じたらうまくトレーニングができている証拠です。

①口の中に空気をためて、唇をキュッと閉じます。
②右の頬に空気を集めて膨らませ、5秒間キープします。
③左の頬に空気を集めて膨らませ、5秒間キープします。
④鼻の下(上唇の内側)に空気を集めて膨らませ、5秒間キープします。
⑤下唇の内側に空気を集めて膨らませ、5秒間キープします。

コツとしては思いっきり空気を吸って口の中に貯めるということ。中途半端な空気の量ではトレーニングになりませんので、思いっきり空気を吸って、頬をパンパンに膨らませる事で効果が出ます。口角のあたりが痛くなるまで我慢して行うようにしましょう。

4.ペットボトルくわえトレーニング

ペットボトルくわえトレーニング

500ミリリットルのペットボトルを使用したトレーニングで、このトレーニングは唇の周りの筋肉を鍛えてくれます。時間や水の量を調整する事で自分にあった負荷を調整できる事が最大のポイントです。

①500mlのペットボトルに100ml水を入れます。
②ペットボトルを歯は使わずに唇でくわえます。(辛い場合は水を減らします。)
③ペットボトルを持ち上げて、10秒間キープします。

慣れてきたらキープする時間を伸ばしたり水の量を増やしたりする事で更に効果を上昇させてくれます。特にキープする時間を伸ばすのが効果的で、負荷を大きくかける事で表情筋を鍛える事ができるので、水の量を増やすというよりはキープ時間を伸ばせるように頑張りましょう。

5.割り箸を使ったトレーニング

割り箸を使ったトレーニング

割り箸を加えるトレーニング方法で、頬の筋肉を非常に効果的に鍛える事ができます。筋肉が衰えてくると唇がプルプルしてきますので、その段階になりもう無理だと感じるまで我慢して耐えてみましょう。

①割り箸をしっかりと奥歯でくわえます。
②くわえたまま、口を「い」の形にして口角を自分が限界と思うところまで上げます。
③その状態を30秒間キープします。
④10秒間休みます。

しっかり奥歯で割り箸を噛むのがポイントで、口の形もしっかりと「い」にして下さい。最初は30秒間キープを目標にして、慣れて来たら時間を伸ばしていきます。30秒間を1セットとして3セットを毎日行うと効果的です。

まとめ

表情筋を鍛える事で口角を上げる事ができ、表情筋を鍛えると笑顔が綺麗になるだけではなく、顔のシワやたるみなどの対策もしてくれます。口角が上がっているだけで人に与える印象は大幅に違い、ビジネスやプライベートでも口角が上がっていて損をする事はないでしょう。

「口角が下がっているのは生まれつきだから諦めている…」と嘆いている人は、上で説明したトレーニング方法を是非実践してみて下さい。お風呂の中でも、テレビや映画を見ながらでもできる上、全てのトレーニングメニューをこなしても30分以内で終了するため、忙しい女子でも空き時間で手軽にできるのが特徴です。

ペットボトルや割り箸などの道具を使った表情筋トレーニングが、特に負荷が強いのでオススメです。皆さんも是非、表情筋を鍛えて口角をアップさせ、美しい笑顔をゲットしちゃいましょう。