あんこダイエットは太るって本当?3つの正しい痩せ方を知ろう♪

あんこダイエットは太るって本当?3つの正しい痩せ方を知ろう♪

UPDATE:2019.10.21
フード

バナナダイエット、リンゴダイエットなど、定期的に話題になる「○○ダイエットシリーズ」。中でも多くの人がびっくりしたのが「あんこダイエット」ではないでしょうか?

和菓子にたっぷり使われる、甘くて美味しいあんこ。太りそうなイメージのあったあんこでまさかダイエットが出来るなんて思いませんよね。今回はあんこダイエットについて徹底的に調べてみました!

まず、最初にあんこダイエットの注意点についてですが、やり方を間違えると太ってしまいます。

  • あんこダイエットは太るって本当?
  • あんこダイエット成功の秘訣
  • おすすめのあんこダイエット方法
  • あんこダイエットに〇〇をプラスするとより効果的に

などなど、これから「あんこダイエットを初めてみたい」という人が知りたい情報を盛りだくさんでご紹介していきます!

「あんこダイエットってどうやるんだろう?」という人はもちろん、「あんこダイエットなんて絶対太る」「痩せるはずがない」と思っている人ももぜひ正しいあんこダイエットについての知識をここでチェックしてみてください♪

あんこダイエットは太るって本当?注意点色々

あんこダイエット

あんこダイエットを始めようと思っている人が気になるのはやはり「あんこダイエットは実は太るんじゃないか?」ということではないでしょうか。

あんなに甘いあんこでダイエットなんて出来るはずがない…そう思って調べてみたところ、実はあんこはとっても低カロリーだということがわかりました。
なんとあんこは大さじ1杯で49カロリーしかないんです!大福に入っているあんこの量で考えると、大体80カロリーほどでしょうか。

対するショートケーキ1ピースのカロリーは大体350~370カロリーほどのため、洋菓子に比べるとあんこを使った和菓子のカロリーはかなり低いということがわかります。

そんな、ダイエットを頑張る女性に嬉しいあんこですが、最初に上でも書いたように、食べ方を間違えると太ります。
ますこれからあんこダイエットの時のあんこの食べ方の注意点についてご紹介していきます。

食べ合わせ

あんぱん

低カロリーなあんこですが、あんこを使ったお菓子全てが低カロリーな訳ではありません。
たとえばあんぱんのカロリーは大体280~300カロリーほどあります。

あんこ自体は低カロリーなのに一体なぜ…!?

そう、カロリーを一気に高くしている犯人はずぱり「パン」です!糖質制限ダイエットの最大の敵と言われているパンですから、記事を読んでくださっている読者さんもきっとご存知ですよね。

パンは糖質を多く含んでいるため、食べると血液中のブドウ糖の濃度が急上昇。そして、急上昇してしまった血糖値を下げるために膵臓からインスリンと呼ばれるホルモンが分泌されます。
そして、インスリンが血糖値を下げるために血液の中にある糖を取り込むように脂肪細胞に命令を出します。

つまり、パンなど糖質を多く含む食べ物を食べるとインスリンの分泌量が増えて脂肪細胞が糖を貯め込むようになってしまうため、太りやすくなってしまうということなのです。

せっかくカロリーを気にして低カロリーなあんこを選んだのに、これでは全てが台無しになってしまいますよね。あんぱんの他、どら焼きやおはぎなどにも注意!

食べ過ぎ

食べ過ぎ

あんこは低カロリーだからと、思わず食べすぎてしまったらもちろん太ってしまいます。どんな食べ物でも食べ過ぎは禁物ですが、あんこも同じです。
「あんこを食べるのは一日にこのくらい」と決めておいて、おやつタイムや自分へのご褒美タイムに食べるようにすると食べ過ぎも防げて、おやつも食べられるので満足感があっておすすめです。

便秘

便秘

「○○ダイエット」と呼ばれるダイエットにありがちなのが、「それしか食べない」というダイエット方法。りんこダイエットならりんこばかり食べるなど、かなり極端なダイエット方法です。
極端なダイエット方法は確かに効果が出やすいかもしれませんが、長期的な目で見ると栄養が偏る、肌荒れする、リバウンドしやすくなるなど、デメリットが多いです。

また、あんこダイエットの場合、食べ過ぎると便秘になる恐れがあります。
あんこの材料となる小豆には食物繊維がたっぷり含まれており、適量なら便秘の解消にも役立ってくれるのですが、食べ過ぎるとお腹の中の水分を奪ってしまい、逆に便秘になってしまうのです。何事もほどほどがいいということですよね。

あんこダイエットを成功させる秘訣3つ

あんこダイエットを成功させる秘訣

以上の注意点を踏まえて、いよいよこれからあんこダイエット最高の秘訣をご紹介していきたいと思います。
太るのではないかと心配されているあんこダイエットですが、やり方さえ間違えずに行えば普段行っている他のダイエットの手助けとなってくれるはずですよ♪

あんこダイエットの効果を知る

あんこダイエット 効果

まずは「あんこダイエットの嬉しい効果」を知りましょう。
どんな美容・健康効果があるのか知ることで、頑張って続けていく気持ちもずっとアップします。継続こそダイエット成功のカギ!
あんこダイエットには女性に嬉しい美容効果や健康効果がたくさんありますよ!

食物繊維が豊富

あんこを作るための材料となっているのは「小豆」ですが、この小豆、実は昔はダイヤモンドに例えられたほとで、『赤いダイヤ』という小豆市場を舞台にした小説から、映画、ドラマが作られたほどです。

赤いダイヤ

そんな小豆には豊富な栄養素や食物繊維がたっぷりと含まれています。
食物繊維のかたまりとも言われている小豆には100g中に17.8もの食物繊維が入っているんです!

1995年の国民栄養調査によれば日本人が一日に摂る食物繊維の平均摂取量は17gと言われており、摂取目安量が20~25gであることを考えると慢性的に食物繊維を摂る量が不足してしまっています。
あんこダイエットは食物繊維不足にも嬉しいダイエット方法だったんですね♪

便秘解消に役立つことで有名な食物繊維ですが、食物繊維はお腹の中に入ると水分を含んで膨らむため、満足感、満腹感をもたらしてくれます。これによって食べ過ぎも防ぐことが出来るんです。

古代の中国の薬学書には「解毒に小豆の煮汁を使う」と記されていたそうで、豊富な栄養素、食物繊維が体の毒素を排出してくれると期待されていたようです。

ポリフェノール

健康効果が高いことで有名な「ポリフェノール」。あんこにはそんなポリフェノールが豊富に含まれています。
抗酸化作用のあるポリフェノールは体を若返らせてくれるという嬉しすぎる効果があります。体が若返るということは体の働きも活発になるため、体がカロリーを消費しやすくなり、消費カロリーが高くなるということ。
ポリフェノールはダイエットに非常に効果的な成分なのです!

また、ポリフェノールには血液をサラサラにしてくれる効果もあります。血液がサラサラになることで血行が促進され、免疫力アップや生活習慣病、冷えの改善にもつがなりますよ。

サポニン

血液中のコレステロール値を下げてくれる効果のある「サポニン」もあんこには豊富に含まれています。
コレステロール値が下がると体内の中性脂肪も減りますので、ダイエットと同時に中性脂肪も減らすことが出来てしまいます。

血液中のコレステロール値が高いと動脈硬化、心筋梗塞など、深刻な病気のリスクが高まりますが、サポニンにはそんなリスクを下げるお手伝いをしてくれるので健康効果もばっちり期待できますね。

こしあんよりもつぶあん

こしあんよりもつぶあん

あんこには「こしあん」と「つぶあん」がありますが、あんこダイエットに向いてるのはつぶあんです。
つぶあん派の人には朗報ですね!
こしあんでも効果がないという訳ではありませんが、よりあんこダイエットの効果を高めたいならつぶあんを選ぶようにするのがオススメ。

なめらかなこしあんはあんこ作りの過程でなめらかさを出すために小豆の皮を取り除いていますが、食物繊維が豊富に含まれている小豆の皮はぜひあんこダイエットに取り入れたいところ。
より多くの食物繊維を摂取するためにも、小豆の皮もまるごと摂取できるつぶあんがおすすめです。

食べ方を工夫する

食べ方を工夫

上でも書いた通り、せっかくあんこダイエットをしようとしても食べ方を間違ってしまうと太ってしまう原因になります。
和菓子には欠かせないあんこには沢山のお菓子や食べ方がありますが、あんぱんやどら焼き、おはぎやお餅など他のものと一緒に食べるよりもそのまま食べるほうがオススメです。

和菓子を食べるならきんつば、水ようかん、豆大福などあんこの量が多いものがオススメです。

特に豆大福は豆も入っているため食べごたえもあり、しっかり噛む必要があるため1つ食べただけで満足感を得ることが出来ます。
更に豆大福と一緒にノンシュガーの紅茶やコーヒーなどを飲むことで水分でお腹も膨れて満足感アップ!

あんこダイエットには発酵食品をプラス

発酵食品をプラス

日本薬科大学の学長で、更に日本を代表する漢方専門医でもある丁宗鐵先生によれば、甘い物を食べる時に一緒に食べるとオススメなのが「発酵食品」。
発酵食品に入っている「酵母菌」がスイーツに入っている糖分を腸が吸収する前に分解してくれるため、太りにくくなるんだそうです。

腸内環境を整えてくれ、ダイエット効果も期待されている発酵食品はダイエットメニューに取り入れている方も多いのではないでしょうか?これは嬉しい情報ですよね!

発酵食品はヨーグルト、キムチ、漬物、納豆、チーズなど定番のものや、
いかの塩辛、ザワークラウト、ピクルス、メンマ、味噌、醤油、コチュジャン、豆板醤、アンチョビ、タバスコ、黒にんにく、ナタデココなど発酵食品だったとは意外に知られていない食品まで種類は豊富!

これなら取り入れやすそうでいいですよね♪

まとめ

眉唾もののように思われていた「あんこダイエット」ですが、実際にこうして色々調べてみると、やり方次第ではダイエットの強い味方になってくれることがわかりました。

それでは、和菓子好きさんには嬉しいあんこダイエットのポイントについておさらいしてみましょう。

  • あんこを食べる量は適量で!
  • あんこをそのまま食べるのがオススメ
  • 発酵食品と一緒に食べることでダイエット効果アップ!

理想のプロポーションを手に入れるためには我慢がつきものですが、ずっと続けなければいけないダイエットはどうしてもストレスが溜まってしまいがち。その反動で甘い物や脂っこいものをドカ食いしてしまってせっかく痩せたのに元の体重以上にリバウンドしてしまった…なんて悲しすぎますよね。

続けていけないといけないものだからこそ、ダイエットは楽しむことも大切!あんこダイエットはそんな時の強い味方になってくれそうです。

あんこダイエットで美味しく、楽しくダイエットライフをエンジョイしちゃいましょう♪

ライザップ 3D Shaper