ダイエット中に食べて良い3つの甘いもの!3つのルールを厳守せよ

ダイエット中に食べて良い3つの甘いもの!3つのルールを厳守せよ

UPDATE:2019.11.13
フード

ダイエット中の厳しい食事制限中は特に「甘いもの」が食べたくなってしまうものですよね。我慢すれば我慢する程耐えられなくなってしまい…ついつい間食で食べてしまってダイエットを失敗してしまった。そんな経験がある人も多いのではないでしょうか。

しかし勘違いしてほしくないのは、ダイエット中であっても甘いものは食べても大丈夫という事です。我慢してストレスを溜めるよりは、食べたいと思った時に甘いものを食べてストレスを軽減した方がダイエットには効果的であるとさえ言われています。

しかし何でもかんでも我慢せずに甘いものをバクバク食べていては当然ダイエットは失敗してしまいますし、太ってしまいますので注意が必要です。ある程度は自制する事は必要ですが、甘いものの中でもダイエット中に間食として食べても問題ないものもあります。という訳でコチラの記事ではダイエット中に食べても問題ないとされている甘いものや、甘いものを食べる時のルールをご紹介していきたいと思います。

ダイエット中の甘いものはそこまで悪くない!その理由と甘いものを食べる時のルール

「甘いもの=糖質が高いもの」糖質を多く摂取してしまうと太ってしまうと考えている方は多いでしょう。甘いものとは果物やお菓子などですが、どちらも確かにカロリーも糖質も高いものですが、一概に「ダイエット中は絶対に食べたら駄目!」と制限する事はしない方がいいとされています。もちろん沢山食べても良いと推奨するものでもありませんが、絶対に食べたら駄目と禁止にするものでもないのです。

ダイエット中の甘いものはきちんとルールさえ守っていればそこまで減量に支障をきたさない場合が多いのです。その理由とダイエット中の甘いものを食べる時のルールを確認していきましょう。

甘いものを食べる時のルール1:甘いものを食べる時は200キロカロリー以内に抑える事が必要

甘いものを食べる時のルール1:甘いものを食べる時は200キロカロリー以内に抑える事が必要

ダイエット中に甘いものを食べる時に最も気をつけないといけないのがカロリーです。甘いものは当然ですがカロリーが高いですから、大量に食べてしまうとカロリーの過剰摂取になってしまいダイエット失敗の原因になってしまいますので、どれだけ甘いものを自制して抑える事ができるかが大きなポイントになっていきます。

ダイエット成功の鍵は1日の摂取カロリーをいかにして抑えるかですから、当然甘いものも1日で食べて良いカロリーを決めるのが良いでしょう。200キロカロリー以上食べてしまうと1日に摂取しても良い甘いもののカロリー量を超えていますので注意が必要です。もっと痩せ効果を早めたいと考えている方は100キロカロリー以内に抑えるのが良いでしょう。

甘い食べ物はストレス解消効果がありますから、毎日100~200キロカロリー以内であれば食べても問題ないとされていて、むしろダイエットのモチベを向上させてくれることもありますから食べた方がいいと発言している方もいらっしゃいます。何よりも我慢がいけない事ですから、甘いものがどうしても食べたくなったら我慢をせずに、きちんとカロリーを調べてから適量を食べるようにしましょう。

甘いものを食べる時のルール2:カロリー同様に糖質にも気をつける事

甘いものを食べる時のルール2:カロリー同様に糖質にも気をつける事

ダイエット中に最も気になるものと言えばカロリーと糖質ですよね。糖質はエネルギー源として大切な栄養素ですが、摂取しすぎてしまうと肥満の原因になり脂肪へと変化していくので、糖質はできるだけ摂取したくないものです。甘いものには当然のように糖質が多く含まれていますから、それがどれ位含まれているのかをきちんと把握しておく事はとても大切です。

昨今の健康&ダイエットブームの影響で、糖質が低くて甘いお菓子なども発売されていますからそれらを選ぶか、カロリーと糖質量をきちんと計算して太らないように量を調整するかは自分自身できちんと判断するようにしましょう。余分な糖質を多く摂取しすぎてしまうとダイエットにおいて逆効果の結果を導いてしまいますので、糖質がどれ位入っているかはカロリーと同様に気をつけてチェックするようにしましょう。

甘いものを食べる時のルール3:どうしても我慢できない空腹状態になるまでは食べないようにする

甘いものを食べる時のルール3:どうしても我慢できない空腹状態になるまでは食べないようにする

ダイエットにおいて最も辛い事は空腹です。また食事制限による空腹を我慢している時はストレスも溜まりますよね。ストレスが溜まってイライラしていると体内に脂肪を蓄積しやすくなってしまうと言われていますので、ダイエット中のイライラは痩せ効果をなくしてしまうのでダイエットにおいて悪影響を与えてしまうものなのです。

つまりダイエット中は空腹になったら我慢せずに何かをお腹にいれるのが得策でありオススメです。無理に我慢して空腹状態を長時間維持するのであれば、空腹になってお腹がペコペコになって我慢できなくなったら何かを胃袋の中にいれて満たす方がダイエットにとっては効率的なのです。我慢しないでお腹が空いたら食べるというのはダイエット中はいけないことだと思われがちですが、空腹状態を長時間我慢するよりはダイエットにおいて効果的な方法ですので、我慢できなくなったら食べちゃいましょう。それ位気楽な気持ちでダイエットは望んだ方が痩せ効果も向上していきます。

ダイエット中に食べても問題ない甘いものって何?

上で紹介したダイエット中に甘いものを食べる時のルールをきっちりと守っていれば、基本的にはダイエット中でも甘いものを食べても問題ありません。しかし当然ですがカロリーと糖質はチェックしなければいけませんし、上で説明したように食べる量も考える必要があり、沢山食べてはダメです。

空腹を紛らわせて脂肪をつきにくくする効果もありますので、ダイエット中の間食はむしろ推奨されていますので、その時に食べる事で効果を発揮してくれる甘いものをここからは紹介していきたいと思います。甘いもの=ダイエット中は食べたら駄目!と判断するのではなく、自分のダイエット効率を上昇させる為にも合間で摂取して効果をあげていくようにしましょう。

さて、それでは早速ここから、ダイエット中に食べても問題がないとされている甘いものを紹介していきます。

1.果物類

果物類

ダイエット中に食べても問題ないどころかむしろダイエット効果をあげてくれる甘いものと言えば果物類です。果物にはダイエットだけでなく、美容や健康にも大きな効果を発揮するものが多く、カロリーはやや高めですが、それを差し引いてもダイエット中に我慢できなくなった時の間食としてはオススメです。イチゴやパイナップルなどの甘い果物にはビタミンやミネラル、食物繊維など、ダイエットにおいて大きな効果を発揮する栄養素が芳醇に含まれていますので、ダイエット効果を向上させるという意味でも積極的に食べるのが良いでしょう。

おやつで甘いものを食べるのであれば、ただ甘いだけでなく栄養もとれる種類にするのがベスト。甘いものを楽しみながらも健康や美容に良い栄養を摂取できる果物はダイエット中のおやつにぴったりではないでしょうか。飽きずに続ける方法としては、その時々の旬の果物を選ぶのが良いかもしれません。飽きずに継続する事がダイエットにおいては大切な事になってきますので、その点も注意しなければいけない所です。

さらに最近では果物をより気軽に食べる事ができるドライフルーツも発売されています。生の果物の場合は皮をむいたり外出先で気軽に食べる事ができないなどの問題点がありますが、ドライフルーツであれば、どこでも気軽に購入する事ができて食べる事もできますのでオススメです。フルーツ1個分の栄養素をそのままギュッと濃縮したものがドライフルーツですから、必要な栄養素を直接得る事ができ、ダイエットや間食時のおやつとしてはとても優秀です。

2.ヨーグルト系

ヨーグルト系

ダイエット中の甘いものは、ただ甘いものというだけでなく、合わせてダイエット効果を高めてくれるものが理想です。その点ヨーグルトは上で紹介した果物類に匹敵する位の高いダイエット効果を発揮してくれて、なおかつ種類によっては甘いので、ストレス軽減効果もあり、ダイエット中のおやつや間食としても高い効果を発揮する食べ物です。

ヨーグルトの魅力は豊富な栄養素と乳酸菌です。ヨーグルトに含まれている善玉乳酸菌は腸内を活発にして腸内環境を整えてくれる働きを促進してくれます。つまり便秘を解消してくれる効果を高めてくれるだけでなく、細胞を活性化する事で基礎代謝もあげてくれるのです。更にヨーグルトの良い所は種類が豊富で、色々なダイエットに最適な調味料と組み合わせる事ができるという点です。

きな粉やフルーツなどを組み合わせる事で更に多くのダイエット効果を得る事ができますが、カロリーを増やしたくないという方はそのまま食べるのが良いでしょう。そのままでももちろん大きな効果を発揮してくれますので、甘いものをどうしても食べたい時に最適だといえます。

3.カカオが多いチョコ

カカオが多いチョコ

ダイエット中のチョコレートは天敵のように感じると思いますが、ダークチョコと呼ばれているカカオ含有率の高いチョコであればダイエット中でも食べる事ができます。甘さは控えめですがチョコのおいしさは変わらず、独特な味わいではありますが慣れてくるととても美味しく食べる事ができます。普通のチョコは非常に高カロリーなのでダイエットには向きませんが、どうしてもチョコを食べたいという人は、カカオ含有率の高いカカオチョコを食べましょう。

まとめ

甘いもの=ダイエットでは絶対に食べたら駄目!という固定概念を持っている人も多いと思いますが実はこれは間違いで、最近のダイエットではむしろストレス軽減の為に、適度な甘いものや間食などは認めているケースが多いです。ダイエットは続けないと意味がありませんので、無理して辛い食事制限をするのではなく、抜くときは抜くというメリハリが必要であり、自分を甘やかしても良いときはきちんと作らないといけないのです。

そういった意味でもダイエット中でも甘いものを摂取するのは悪い事ではありません。きちんとしたルールと、上で紹介した3つの甘いものを食べつつ、長続きするダイエット計画を立てていきましょう。