ダイエットにはさつまいも!正しいやり方&注意点3つで痩せる!

ダイエットにはさつまいも!正しいやり方&注意点3つで痩せる!

UPDATE:2019.06.21
フード

とっても可愛くて肌が綺麗な韓国人女優さんや韓国人モデルさんに憧れている女性も少なくないのではないでしょうか?
韓国人の女性は肌が白くてきれいで透明感があって、しかもとってもスリム!ダイエット方法だけじゃなくメイク方法など、様々な流行の発信源となっていることでも知られています。

そんな韓国で話題になったのが、ダイエットにさつまいもを取り入れるという「さつまいもダイエット」。韓国では「コグマダイエット」と呼ばれています。(「コグマ」は韓国語で「さつまいも」の意味)

最近になって日本でも話題になり、モデルさんや女優さんを始め多く女性たちが実際にさつまいもダイエットに挑戦しているみたいです。
というわけで今回は、韓国美女たちはみんなやっていると言われているさつまいもダイエットについてご紹介していきたいと思います!

  • ・さつまいもダイエットの効果は実証済み
  • ・置き換えるだけだから超簡単で苦労無し
  • ・間違うと逆に太る!正しい痩せ方を紹介

以上、さつまいもダイエットをこれから始めたいという人が知りたい情報を集めてまとめてみました。これからのダイエットに役立ててみてください♪

ダイエット茶ランキング1位

さつまいもダイエットって?

さつまいもダイエットって?
さつまいもダイエットとは、毎日食べている主食の代わりに「さつまいも」を食べるようにするというダイエット方法です。
ごはんやパン、パスタの代わりにさつまいもを食べることによってダイエットをしていきます。

ダイエットというとどうしても単純に食事制限をして食事量を減らしたり、食べられるものが限られて辛い思いをするというイメージを持っている女性も多いのではないでしょうか?

でも、さつまいもダイエットならそんな辛い思いをする必要はなし!いつも食べている主食の代わりに美味しくさつまいもを味わうだけで、楽しく痩せられてしまうんです。

ダイエットには大きく分けて「短期間ダイエット」と「長期間ダイエット」があります。
「短期間ダイエット」は厳しい食事制限やハードな運動がつきものです。そして、短期間で効果を出すことにだけ集中するので、他のことは見落としてしまいがち。髪がパサパサになったり、肌荒れが酷くなってしまったり、ホルモンバランスが崩れ体調がいまいち良くないという日が続くようになったり。
しかも、体はそんな短期間の急激なダイエットに適応することができません。そのため、短期間の急激なダイエットではリバウンドしやすいということが起こってしまうのです。

対する「長期間ダイエット」は食べるものを置き換えたり、少しずつ運動量を増やしていったりと、ゆるやかに時間をかけてダイエットを行っていきます。そのため、ホルモンバランスが崩れることもなく、時間をかけることで体も徐々に適応してくるので、リバウンドしにくい体になるんです。

ラクトフェリンが腸で働き、Wの機能を実現!

韓国女子に大流行!

韓国女子に大流行!
さつまいもダイエットである「コグマダイエット」は美容大国韓国の女性たちの間で大ヒットしました!
今ではダイエット方法の定番中の定番となり、美容に関心の高い韓国女子なら誰でも一度はやっていると言われているほどです。

なぜそんなにさつまいもダイエットがヒットしたのかというと、あの少女時代のメンバーであるソヒョンさんや、国民的女優であるスジさんがさつまいもダイエットを行ったことで話題に火がつき、それからも更に女優のみならず男性俳優さんや男性アイドル、お笑い芸人など多くの韓国人有名人がさつまいもダイエットを実践!
韓国中に広がったという訳です。

さつまいもダイエットは本当に痩せる

さつまいもダイエットは本当に痩せる
さて、韓国全土に広がったというさつまいもダイエット。
今まで数え切れないほどのダイエット方法が登場してきていますが、そんな中でなぜさつまいもダイエットがこんなにも流行したのかというと、「さつまいもダイエットは本当に痩せるから」です!

実際、日本でもさつまいもダイエットを実践してみた人たちの「本当に痩せた!」という書き込みもSNS上ではかなり多く、本当に効果が出ているからこそこんなにも広まったのです。

どんなダイエットにせよ、やるならちゃんと痩せるダイエット方法がいいですよね。

ダイエット茶ランキング1位

さつまいもダイエットのやり方

さつまいもダイエットのやり方
さつまいもダイエットのやり方はとっても簡単です。

  • ・一日三食のうちの一食の食事を150gくらいのさつまいもに置き換える
  • ・できればさつまいもの皮ごと食べる
  • ・さつまいもの調理法は「焼く」か「蒸し」

なんとこれだけ!とっても簡単なんです。一食だけ置き換えるのもいいし、もっと早く効果を実感したいという人は三食全部の主食をさつまいもに置き換えるのもアリ!
さつまいもが苦手な人はもちろん無理して三食置き換える必要はありませんが、元からさつまいもが好きだという人は三食置き換えてみてもいいかもしれませんよね。
一日に置き換えるさつまいもの量は100〜150gが理想的ですが、さつまいもは満腹感を感じやすいため、ここに更に他のおかずの量を減らすようにすればより早く効果的にダイエット効果を実感出来ると思います。
とは言え無理は禁物。我慢するのがいやになって途中で投げ出してしまっては意味がありません。自分で無理なくこなせそうなメニューを最初から組んでおいて、マイペースに行うのがオススメです。

甘いものが好きな人は、さつまいもはじっくり焼くことで甘みが引き出されて美味しくなるので、焼き芋として調理するのがいいかもしれません。
甘いものがあまり好きじゃない、焼き芋にするのは手間も時間もかかりすぎるという人は蒸しさつまいもで手軽にダイエットに取り入れるのもいいと思います。
レンジで焼き芋風の蒸し芋を作るレシピもありますのでちょっとご紹介させていただきます!

◆レンジで美味しい焼き芋風蒸し芋

【材料】
・さつまいも 中くらいの大きさのもの1本
・キッチンペーパー 1枚
・さつまいもを包むようのラップ 1枚

【作り方】
1、皮ごと食べるので、汚れが残らないよう皮をきれいに洗います
2、濡らして軽く絞ったキッチンペーパーでさつまいも全体を包み込みます
3、しっかり包んだらそれをさらにラップですっぽり包みます。
4、そのままお皿など使わずにレンジに入れます
5、600Wで1分半チン。その後は200Wまで下げて10分前後チンします。(レンジやさつまいもの大きさによって異なるので調整してみてください)
6、熱いので気をつけてレンジから取り出して、出来上がり!

ラクトフェリンが腸で働き、Wの機能を実現!

さつまいもダイエットの注意点

さつまいもダイエットの注意点
以上のように、簡単に美味しく、しかも確実に痩せられちゃうことがわかっているさつまいもダイエットですが、やり方を間違えてしまうと逆に太ってしまったり、肌荒れなどの肌トラブルや栄養が足りなくなってしまい髪がぱさついたり、ホルモンバランスが崩れてしまうことに。
どんなダイエット方法でもそうですが、注意点をしっかり守って続けていくようにしましょう。
早く効果を出したいからと言って無理なダイエット方法を実践してしまうと逆効果!
さつまいもダイエットは本当に数多くの人が成功させている方法でもあるので、焦らずやり方・注意点を守って続けていきましょう。

タンパク質もしっかり摂る

さつまいもダイエットと聞くと、他のものはなるべく食べずにさつまいもだけを食べるようにしたほうが良いのかと勘違いしてしまう人もいるかもしれません。
しかし、それでは栄養バランスが崩れてしまい、ダイエットもいい結果を出すことができなくなってしまいます。
さつまいもダイエットは、主食をさつまいもに置き換えるという置き換えダイエットです。

主食代わりであるさつまいもの他にも、野菜やお肉などのおかずは栄養バランスのためにも絶対に必要です。
特にタンパク質は筋肉のもとになったり、肌をきれいしてくれる効果もあります。ダイエット中に欠乏してしまうとデメリットしかない栄養源なので、タンパク質の摂取は忘れずにするようにしましょう。

なるべく決まった時間に食べ、食べすぎない

仕事や学校が忙しいという人はなかなか決まった時間に食べるということは難しいかもしれませんが、なるべくでもいいので決まった時間に食べるように心がけましょう。それによって体が余計な栄養を溜め込もうとしなくなるので、痩せやすい状態を作ってくれますよ。
また、じゃがいもなどに比べ低GIで腹持ちもよく、便秘解消効果も期待できるためデトックス効果もあるさつまいもですが、もちろん食べすぎてしまっては逆効果です。
いくらでも食べていい訳ではないので、100〜150gとしっかり量を守って食べるようにしましょう。

とは言え、さつまいもはとっても食べごたえがあります。そしてダイエット中ということもあり、さつまいもダイエット実践中はみなさん油の少ない食事を食べていることが多いため、そもそもどんどん食べる量が減っていくことが多いようです。
最初のうちは水分と一緒に摂取するようにして工夫するといいかもしれません。

調味料を使わない

○○ダイエットと、特定の食材を使うダイエットで乗り越えないといけないのが「飽きる」ということです。
どんなにさつまいもが好きな人でも、ずーっとさつまいもばかり毎日食べていては飽きてしまいますよね。
そうなってくるとやっぱりやりたくなるのが「アレンジ」ですが、砂糖やバターをたっぷり使ったスイートポテトや、水飴がいっぱい絡んだ大学芋などはとっても甘く血糖値が急上昇してしまいます。

せっかく主食をさつまいもに置き換えたとしても、これでは意味がなくなってしまいますよね。ということで、なるべく調味料は使わないようにしましょう。
おかずと一緒にうまく食べていくことで飽きも乗り越えられるはずです。

ダイエット茶ランキング1位

まとめ

さつまいもを使ったダイエットは注意点もありますが、とっても簡単に出来る上、しっかり効果が出ることもわかっていますからこれからダイエットを始めたいという人も、今まで色んなダイエットに挑戦してきたけど失敗してしまったという人にもオススメしたいダイエット方法と言えると思います。

・さつまいもは100〜150gの決まった量を主食と置き換える
・調味料を使わない
・他のおかずでタンパク質もしっかり摂る

以上の正しい方法で行い、注意点を守ってさつまいもダイエットを行っていけばきっと理想のプロポーションに近づけるはずですよ!

ライザップ 3D Shaper