ビーフンは麺類最強のダイエット食品!5つの痩せ効果と活用方法!オススメはケンミン食品

ビーフンは麺類最強のダイエット食品!5つの痩せ効果と活用方法!オススメはケンミン食品

UPDATE:2019.06.24
フード

中国や台湾などで大衆料理として人気を博しているビーフンは、最近では日本でも人気の食材として一般家庭でも料理の際に使用されることが多くなりました。日本ではビーフンではなく「ライスヌードル」と呼ぶこともあります。

うどんやそば、ラーメンやパスタなどの麺類は炭水化物であり、糖質量も多い為、一般的にはダイエットには向いていないと言われていますが、同じ麺類であるビーフンはダイエットに向いている食材であると言われています。これは一体ナゼなのか。

ダイエットの天敵であると思われていた麺類の中にあって、減量中でも食べて大丈夫なメニューであると言われているビーフンに隠されたダイエット効果をコチラの記事ではご説明していきたいと思います。

ダイエット茶ランキング1位

そもそもビーフンって何?原材料や調理方法などを解説

ビーフンとは中国や台湾などでは一般的な食材として有名ではありますが、日本ではあまり馴染みのない方ももしかしたらいるかもしれません。ビーフンとは一体何で、カロリーや糖質量、原材料などは何なのか、ダイエットに効果的であると言われている理由の前に、まずはビーフンの事についてご説明していきましょう。

ビーフンって何?

ビーフンって何?

ビーフンとはお米を原料とするライスヌードルの一種で、中国福建省や台湾などで多く食べられています。日本では一般的にライスヌードルと呼ばれているものです。一般的には乾燥された状態で流通・販売されるので、ぬるま湯に漬けるか熱闘で軽く茹でるかして柔らかくして食べるのが一般的で、調理方法は様々ですが、炒める場合とスープにいれる場合が最も多く、日本でいうと、ラーメンやうどんの麺のような感じで使用されることが多いです。

日本で食べられる事が多いビーフンは、台湾料理や中華料理で、野菜や肉類と一緒に炒めた焼きビーフンが最も有名でしょうか。具材と共にスープにいれて一緒に調理した汁ビーフンもありますが、一般的には焼きビーフンが有名です。味付きのインスタント食品がスーパーなどで発売されているなど、一般的な料理として日本でも愛されているメニューです。

ビーフンダイエットは「ケンミン食品」製品がおすすめ

ケンミン食品 ビーフン
引用元:ケンミン食品
URL:http://www.kenmin.co.jp/recipe/17682-2.html

ビーフンの約6割は「ケンミン食品」で作られています。

ケンミン食品ビーフンは全てタイのインディカ米を使用しタイにある自社工場で生産されています。

インディカ米は日本でよく食べられているジャポニカ米に比べてアミロースの含量が多く消化されにくいと言われています。

他のメーカーのビーフンはでん粉やコーンスターチなどが多く含まれている商品もあるので成分をご確認ください。

「ビーフンで痩せたい!!」という方は「ケンミン食品」がオススメです。

気になるケンミン食品のビーフンのカロリー

ビーフン カロリー
引用元:ケンミン食品

ダイエット中に最も気になる事と言えばカロリーと糖質量ですよね。ビーフンは炭水化物ですから、カロリーと糖質量も高くなる事が予想され、多く食べれば太ってしまうように感じてしまうと思います。

ビーフンは原料がお米100%で一人前として使用する乾めんの量は約50~75gのため、1食あたりのビーフン自体のカロリーは180kcal~260kcal程度になります。

一般的に食べられる事が多い焼きビーフンにはビーフンのほかにもたくさんの野菜を加えて炒めることが多いため1食だいたい300kcal前後となります。

ビーフンはラーメンや焼きそばに比べて全体のカロリーは低くダイエットに最適な食品なのです。

ラクトフェリンが腸で働き、Wの機能を実現!

ケンミン食品のビーフンがダイエットに最適の理由とは

お茶碗一杯(140g)は235キロカロリーと一人前のビーフンのカロリーとさほど差がありません。

むしろダイエット中は食べたら駄目な食材なんじゃないかと考えてしまうかもしれませんが、ビーフンにはダイエット効果を促進させてくれる多くの栄養素が含まれていて、それがダイエットに非常に効果的なので強く推奨されている麺類という訳です。

ここからは、ビーフンをダイエット中に食べたほうがいいとされる理由を説明していきましょう。

1.ケンミン食品のビーフンは低GI食品なので太りにくい

低GI食品なので太りにくい

GI値とは食べ物を食べた時の血糖値の上昇スピードを数値化したもので、GI値が低ければ低いほど、体に脂肪はつきにくいとされています。急激に血糖値が上昇すると肥満の原因になり、消化器系などの体の負担になってしまいますので、ゆっくりと血糖値が上昇していく食材が、健康にもダイエットにも効果的であると言われています。

炭水化物はGI値が急上昇してしまう食材であり、特に白米などは血糖値がすぐに上昇してしまうので脂肪がつきやすいです。

その為炭水化物ダイエットが推奨されている訳で、炭水化物は抜くだけで確かに痩せる事はできますが、炭水化物を抜くと日常生活に支障が出る程の体調不良を起こしかねないので、非常に危険です。

そんな中、ビーフンは炭水化物でありながらもGI値の上昇がとても低い食品であると言われています。

同じ炭水化物で比較してみても、白米のGI値が88なのに対して、ビーフンは52です。

うどんは85・パスタは65に対してインディカ米かつ独自の製造方法で作られたビーフンのGI値が圧倒的に低い事が分かります。

GI値が急上昇しない食品を食べる事が肥満を抑えるポイントですから、低GI食品であるビーフンは、炭水化物を摂取できるにも関わらず太りにくい食品であるという事が理解頂けたかと思います。

2.圧倒的に腹持ちが良い

圧倒的に腹持ちが良い

ビーフンの減量であるうるち米には大量の食物繊維が含まれています。食物繊維には、水分を吸収すると膨らむという性質があり、その性質のお陰で、少量でも満腹感を味わう事ができるという効果があります。ビーフンは高カロリーですが、満腹感をすぐに味わう事ができますので、総合的に見たら摂取カロリーを抑える事ができる効果を発揮しているということになりますので、ダイエットには最適なのです。

食物繊維には腹持ちが良いという効果のほかにも、腸内環境を整えてくれるという働きがあり、体内から体を綺麗にしてくれる効果もあります。便秘気味の人は体内の悪い菌を排出してくれる働きもありますから、特に女性の方で便秘に悩んでいる人はビーフンを食べてみるのは良いかもしれません。

3.ビーフンと一緒に摂取できる様々な野菜

ビーフンと一緒に摂取できる様々な野菜

自宅で調理する場合はビーフンと野菜の比率も自分自身で調整できますから、特にダイエット中は野菜の比率を多くして、ビーフンは少なめにするなどの調整が可能です。

ダイエット中は肉を食べたらいけないと感じて、豚肉をいれない人もいるかもしれませんが、ダイエット中の適量の豚肉は実はとても効果的なので、いれましょう。あくまで適量が理想で、野菜を多めにして、少量でも満腹感を味わう事ができるようにしておくのがベストです。

4.ビーフンをおかずにするのは絶対NG

ビーフンを主食として食べるのはダイエットに効果的なのですが、ビーフンをおかずにしてご飯を食べるというのは絶対NGです。他の国ではビーフンをおかずのような観点で食べるところが多いのですが、ダイエット中は絶対禁止です。ビーフンは上でも説明したように高カロリー&高糖質なので、ご飯でおかずにして食べてしまうと逆効果で太ってしまいます。

ビーフンダイエット中は、ビーフン一皿でご飯を終えるようにしましょう。その為に野菜の量を調整して増やしたり、ビーフンの麺量を少なくしたりと調整が必要です。確かにGI値は低く太りにくい麺類ではありますが、高カロリーではあるので、ダイエット中に食べる場合は注意が必要となってくるでしょう。

5.オススメ野菜はニラと人参とネギ

ビーフンには沢山の野菜をいれる事が多く、自宅で自炊する場合は野菜の量を調整する事でさらにダイエット効果を高める事ができます。そんな時に特にビーフンにいれた方が効率を上昇させてくれる野菜を紹介していきましょう。

ニラ

ニラ

利尿作用のあるカリウムが大量に含まれているニラはビーフンの中にいれる野菜としては最も適しています。ビーフンとの相性もよく、健康的にも最適なニラは必ずいれるようにしましょう。特にむくみが気になる方や便秘が気になる方には最適です。

人参

人参

体を温める作用があり内臓の働きを活発化させてくれる人参もビーフンの中にいれる野菜としては最適です。代謝が上昇し痩せやすくする働きもありますので、太りにくい体を作りたい人にオススメです。

ネギ

ネギ

アリシンという成分が多く含まれているネギには、糖質の代謝を促進してくれる働きがありますので、体内に脂肪がつきにくくなると言われています。こちらもビーフンとの相性はバッチリで、よくいれる野菜としては最適ではないでしょうか。

ダイエット茶ランキング1位

まとめ

ダイエット中は炭水化物の摂取を極力控えようとしますので、麺類が好きな人にとってはツライですよね。ラーメンもうどんもパスタも禁止という生活を送っていると、麺類が好きな人にとってはストレスが溜まりますし、ストレスは脂肪を蓄積してしまう原因にもなりかねませんので、ダイエット中で食事制限をしているのに太ってしまうという逆効果の最悪なケースに陥りかねません。

麺類の中でもビーフンであれば、GI値が低いので食べて問題ない食品として一番に挙がります。どうしても麺類が食べたくてどうしようもなくなってしまった場合はビーフンで代用してみるのはいかがでしょうか。沢山の野菜と一緒に食べる事ができるので、ヘルシーかつ健康的にも問題なく、ダイエット効果も非常に高い。麺類が食べたいけどダイエット中で困っているという人は、晩御飯をビーフンにしてみましょう。罪悪感が少なく麺類を摂取できる炭水化物として最近注目を集めている食材で、調理方法も多岐に渡りますので、ダイエット中は自炊が多いという方には特にオススメです。

ライザップ 3D Shaper