ダイエット中でもラーメンOK!7つの食べ方で太る心配無し♪

ダイエット中でもラーメンOK!7つの食べ方で太る心配無し♪

UPDATE:2019.10.25
フードマメ知識

「ダイエット中にダメだってわかってるけどどうしてもアレが食べたい!」なんて欲望に苦しんだことがある女性もいらっしゃるのではないでしょうか?食事制限を伴うダイエットは特に食べるのが大好きだという人にとっては辛いことですよね。中でも誘惑が多いのがラーメンではないでしょうか?ラーメンは今や日本の国民食とも言われており、世界各国からラーメンを食べに外国人観光客がやってくるほどの人気ぶりです。その人気の影響か海外にも出展を果たしたラーメン屋さんも多く存在しており、いずれも現地でかなりの人気を誇っているようです。

そう、日本はラーメン大国である日本には街を歩けば至るところにラーメン屋さんが存在しているのです。ラーメンの誘惑はそれだけではありません。大型ショッピングセンターに行けばフードコートにラーメンが。スーパーに行けば袋ラーメンが、コンビニに行けばカップラーメンの誘惑が待っています。今はコンビニにはチルドのラーメンなんかもありますよね。とにかく日本はラーメン!ラーメン!ラーメン!なのです。そんな訳で日本ではラーメンの誘惑がとっても大きい訳ですが、ダイエット中に無理に我慢しすぎるのも禁物です。なぜならそれが反動になってどか食いに走ってしまう可能性もあるためです。ダイエットを頑張ったら時にはラーメンだって食べてもオッケー。そんな時に気をつけるべきポイントなどを今回はご紹介させていただきたいと思います。

・ダイエット中に猛烈にラーメンが食べたくなるのはなぜ?
・ラーメンはなぜ太る?
・この食べ方ならダイエット中もラーメンOK!7つの方法

今回はダイエット中も罪悪感無くラーメンを食べる7つの方法の他にもダイエット中になぜかめちゃくちゃラーメンが食べたくなり理由やラーメンは一体どうして太ってしまうのかなど、ラーメンに付いて知りたいことをご紹介させていただきたいと思います。ダイエット中だけどラーメンが好きで好きでとてもじゃないけどラーメンを食べないと生きていけそうにないという人、これからダイエットを始めようかと思っているけどラーメン無しではダイエットを始める前からくじけてしまいそうだという人は是非この記事をこれからのダイエットに役立ててみてください。きっと楽しく美味しくラーメンを食べながらダイエットが出来るはずです。

どうしてダイエット中に限ってラーメンが食べたくなるの?

どうしてダイエット中に限ってラーメンが食べたくなるの?

普段そこまでラーメンが好きという訳ではないのに、なぜかダイエット中に限って猛烈にラーメンが食べたくなる…こんな状況に陥ってしまった人もきっといるはずです。食事を減らしたり食べていい食材やメニューを制限したりというダイエットを行っているとどうしても代謝が落ちてしまい、足先や指先が冷えやすくなってしまいます。このような冷えは自分で自覚しているいないにかかわらず大きなストレスを与えたり、疲労感を増したり免疫を低下させたりしてしまいます。

そんな疲れ切った身体が欲するのがまさにラーメンなのです。ラーメンスープには脂肪や塩分がたっぷり。それらは交感神経を高めるため疲労回復効果があり、更にラーメンの麺は炭水化物です。ダイエットブームによってすっかり目の敵にされてしまった炭水化物ですが、実は身体にとって欠かせない大切な栄養素です。炭水化物は熱量になりやすく、すぐに身体の活力になってくれます。寒い時のラーメンは心にも染み渡りますよね。でも、しっかりと身体にも染み渡ってくれていたのです。

また、一説にはラーメンの多くには化学調味料が入っているため、それらの化学調味料が「猛烈にラーメン食べたい」という一種の中毒のような状態にさせているという話もあります。真偽の程はわかりませんがもう中毒になってしまっているというのなら仕方がありません。ラーメン断ちは諦めて、上手くラーメン中毒と付き合って行けるように努力するのが一番です。だって、冒頭でもご説明したように日本ではラーメンの誘惑があまりにも多すぎるのですから。

なぜラーメンは太るのか?

なぜラーメンは太るのか?

一体なぜラーメンは太るのか。「おいしいものは脂肪と糖でできている」なんてCMがあったような、なかったような。ありましたね。からだすこやか茶というトクホのお茶のCMでした。さすがに世の中のおいしいものの全てが脂肪と糖で出来ているなんてことはありえませんが(野菜全否定になってしまう)、確かに脂肪と糖は美味しいです。これは紛れもない事実でしょう。

ラーメンを外で食べた場合、1食のエネルギーはお店によっても異なりますが大体600~1000キロカロリーです。塩分4~7g、糖質は60g前後というところです。もちろんスープがどろどろの超こってりラーメンやデフォルトで大盛りの二郎系ラーメンはこの限りではないので注意しましょう。

ラーメンなど、麺系のメニューは炭水化物の糖質、脂質、そしてスープの塩分と太る原因の栄養素に偏りがちになってしまい、ダイエット中に積極的に摂るべきタンパク質や野菜などは少なくなってしまいます。ラーメンのメインの栄養素となっている糖質、脂質、塩分は摂りすぎれば内臓に負担もかかりますし、更に年齢によって代謝は落ちていきますから、代謝でカロリーを燃やし切ることが出来ずどんどん身体に蓄積されていってしまうのです。

とはいえ健康な人の場合なら週に1度程度ならラーメンを食べても全く問題ありません。他の日にしっかりダイエットを行っていれば1杯くらいラーメンを食べてもどうってことないのです。むしろ、大好きなラーメンを食べることがご褒美になって翌週もその翌週もダイエットを続けていけるならラーメンを食べるべきとさえ言えるでしょう。

しかし、注意してほしいことがあります。それは「インスタントラーメンが主食になる」「散々飲み食いした後のシメにラーメンを食べる」です。これははっきり言って超太るし身体にも悪いし肌にも悪いし何一つ良いことがありません。「うるせー!好きな物食えるなら太ってもなんでもいいんじゃい!」という食欲至上主義の人ならばもちろん止めません。だけどこの記事を読んで下さっているということは「ラーメンは食べたい、だが太りたくないし、なんならスタイル良くなりたい」と思っているということですよね。ストイックな人が見たら「なんてわがままな」と言われそうですがでもラーメンは食べたいんだから仕方がありません。ダイエット中だってラーメンはどうしても食べたいよね。仕方ないよね。美味しいもん。

という訳でこれからラーメンを無効化する(とまではいかないけど)上手な食べ方7つをご紹介させていただきたいと思います。

ラーメンは食べ方次第!太りにくい食べ方7つ

それでは早速太りにくいラーメンの食べ方をご紹介していきたいと思います。外食だけでなく家で食べるインスタントラーメンにもぜひ活用してみてください。当たり前ですが外で食べるラーメンよりも自宅で自分で作るインスタントラーメンの方がカロリーが低くなる傾向もあります。自宅のインスタントラーメンなら野菜やお肉や卵など足りない栄養素を補ってあげることも出来るので、最近栄養足りてないなー、お肌ボロボロだからビタミン補給したいな、なんて時には是非ラーメンのトッピングの具を工夫してみてくださいね。

ラーメンの太りにくい食べ方その1「食前に温かい飲み物を飲む」

ラーメンの太りにくい食べ方その1「食前に温かい飲み物を飲む」

ラーメンを食べる前にまず、冷静になってホットドリンクを飲むようにしましょう。特に寒い時期に言えることですが、寒い時に何も前置きなしにラーメンと向かい合ってしまえばそれはもうラーメンの思う壺です。スープを飲み過ぎてしまう、早食いになって替え玉をしてしまう、などなどデブまっしぐらです。

食事前にホットドリンクを飲んで身体を温めてリラックスさせてあげることで冷静にラーメンと向き合うことが出来るようになります。ラーメンに支配されるのではなく、こちらがラーメンを支配しましょう。

ラーメンの太りにくい食べ方その2「野菜たっぷりにする」

ラーメンの太りにくい食べ方その2「野菜たっぷりにする」

野菜には豊富にカリウムが含まれています。カリウムは余分な塩分を排出してくれる役割があるので、うっかりラーメンスープを飲み過ぎてしまったとしてもギリギリセーフ!しかも野菜ってなんとなくヘルシーっぽいし、カリウムと一緒に罪悪感も排出されている気がします。

もやしなら30円前後でボリュームアップも出来てお腹も膨れて一石二鳥!

ラーメンの太りにくい食べ方その3「痩せる薬味を活用」

ラーメンの太りにくい食べ方その3「痩せる薬味を活用」

ラーメンをもっと美味しくしてくれる優秀な薬味たち。ニラ、にんにく、ごま、ねぎなどは美味しいだけじゃなく代謝を促進させたり、麺類の炭水化物を効率的に燃やしてくれる効果を発揮したりとしてくれます。「ラーメンを食べない」ではなく「ラーメンを食べて素早く燃やす」こんな裏技もあったとは。

ラーメンの太りにくい食べ方その4「卵&チャーシューバリア」

ラーメンの太りにくい食べ方その4「卵&チャーシューバリア」

サラダなど食物繊維を含む野菜を先に食べて血糖値の急上昇を抑えるというダイエット方法がありますよね。実はタンパク質や脂質も先に食べておくことで血糖値の急上昇を抑えてくれるというデータがあるのです!チャーシューと煮玉子をプラスすることでラーメンはより豪華になる。ラーメンは豪華なるのに太りにくくなるという…これはまさに魔法!

ラーメンの太りにくい食べ方その5「チェイサーでカロリーセーブ」

ラーメンの太りにくい食べ方その5「チェイサーでカロリーセーブ」

ラーメンのスープはとってもしょっぱいです。塩分が多く血管に負担をかけるため太るだけでなく身体にもあまり良くありません。スープをがぶ飲みしてしまわないようにチェイサーとして水を飲みましょう。

ラーメンの太りにくい食べ方その6「酸っぱいもので浄化」

ラーメンの太りにくい食べ方その6「酸っぱいもので浄化」

ラーメンにお酢で実はすごく美味しいんです。しかも、美味しいだけじゃなく酢には脂肪燃焼効果、炭水化物をスムーズに燃焼させるという効果があります。内臓の排泄機能も活発になったりイライラもすっきりしますよ。若返りたい人はポリフェノールたっぷりの黒酢を!梅干しもオッケーです。

ラーメンの太りにくい食べ方その7「思いっきり好きなラーメンを食べる」

ラーメンの太りにくい食べ方その7「思いっきり好きなラーメンを食べる」

「こってり背脂ドロドロラーメンが好きだけど…でも…」とビビってしまって貧相なラーメンを選んでしまうようなことのないようにしましょう。食べていい回数が限られているラーメンだからこそ、食べる時は自分の好きなラーメンを、メニューを好きなように食べる!ストレスはダイエットの天敵です。メリハリをつけることでストレス発散しながら楽しんで減量出来ますよ。

まとめ

以上、ダイエット中でも美味しく太りにくくラーメンを食べる方法でした!いかがでしたでしょうか?長く続けていかなけれないけないダイエットだからこそ楽しみながら行うことが大切です。おさらいしてみましょう!

・好きなラーメンを食べる
・水をチェイサーに
・薬味を活用する
・野菜を食べる
・酸っぱいものをプラス
・チャーシュー&卵バリア
・ラーメンを食べる前にホットドリンクを飲む

抑えておきたいポイントが上の7つです。ラーメン好きの皆さんは是非今回ご紹介した方法を実践してみてくださいね。